随心院:小野梅園

京都市山科区:随心院の境内にある小野梅園は、遅咲きの梅で知られており、毎年3月の最終日曜日の「はねず踊り」が行なわれる頃に満開となるそうです。
この辺り小野は小野一族が栄えた場所であることから、絶世の美女で名高い小野小町ゆかりの寺としても知られ、境内には小町に寄せられた多くの恋文を埋めたという文塚(ふみつか)や、化粧井戸などが残されています。
    ← 文塚 ← 化粧井戸          
「はねず踊り」とは、小野小町に恋した深草少将の百夜通いの悲恋伝説を題材にした踊りで(「はねづ」とは梅花の薄紅色のこと)あり、左の写真のような衣装で美少女達が舞うそうである。
 
梅園の全景はこんな感じです。右側の小屋が入口、左側の緑色の屋根は休憩所です。
2009年3月10日現在の開花率は7分咲き位で、まだ蕾だけの木が多く残っていました。
この日は天候が不順で、晴れていたかと思うと急に曇りだして雨が降るといった状況の繰り返しでした。しかし雨の時に逃げ込んだ、休憩所テント内からの眺めが素晴らしく、雨に感謝!
撮影 2009年3月10日
随心院:小野梅園
正式名:大本山 随心院門跡(ずいしんいんもんせき)小野梅園
所在地:京都市山科区小野御霊町35 地図
入園期間:平成21年3月1日〜31日迄 時間:9.00〜16.30
入園料金:大人400円 中学生300円 (本堂拝観は別に要400円)
交通:京都市営地下鉄「小野駅」より徒歩約5分
駐車場:有り(無料)
電話:075-571-0025
メニューに戻る