有馬温泉・瑞宝寺公園の紅葉

2016年11月15日

瑞宝寺公園の紅葉が見頃・・・・との報で、大阪・梅田から阪急直通バスにて有馬温泉にやってきました。

当温泉には、幾度か訪れたことがあるのですが、紅葉の頃に来たのは初めてである。

バス停付近では、赤や黄色の紅葉があちらこちらで見ることができ、秋の有馬温泉って、こんなに綺麗だったのか・・・と思いながら、まずはバス停付近を散策します。
湯けむり広場
ねね橋 ねね像
美しい紅葉を見ながら六甲川沿いの道を歩き、瑞宝寺公園に向かいます。
瑞宝寺公園

 瑞宝寺公園は明治六年(1873)に廃寺になった、瑞宝寺跡が昭和二十六年に神戸市の公園になったものである。
 瑞宝寺は慶長九年(1604)に当地の大黒屋宗雪が開いた瑞宝庵にその緒を発している。四代を経て文化年間、当山の中興となった二十五代草項文秀禅師の代になって、初めて堂塔伽藍すべて完備みたが、その法弟慧定真戒はもっぱら境内の整備に意をそそぎ、とりわけ楓・桜の植樹に努めた。今日天下一の紅葉の名勝として宣伝せられる『錦繍谷』のの雅名は、すでに慧定の時代から世に知られていたものである。明治以後、堂舎のすべては滅び去り、今ある山門は明治初年(1868)伏見桃山城から移設されたもので、昭和五十一年に一部瓦葺であったものを銅板葺に改修した。
ねね橋から940m・公園に到着します 公園内の解説板がら抜粋
 
では瑞宝寺公園内の様子をスライドショーでご覧ください
 
有馬温泉:瑞宝寺公園の紅葉
所在地 兵庫県北区有馬町
TEL 078-904-0708 (有馬温泉観光案内所)
交通 こちら
入園 無料 立入自由 
メニューに戻る