城跡探訪・膳所城

琵琶湖・近江大橋の西端南側の湖面に突き出た森のような所がある
ここは、かっては膳所(ぜぜ)城があった所で、城の石垣が今も残っている。
近江大橋はすぐ近く 遠くに近江富士も望めます
 関が原の戦いに勝利した徳川家康は、関が原の戦いの翌年、慶長6(1601)年、東海道を制し、湖上の船運を抑える目的で、現在の膳所城跡公園(膳所崎)の膳所城を築城させました。築城計画は藤堂高虎が担当し、それまで膳所崎に流れていた相模川を北方につけかえたといいます。はじめのお城は、本丸と二の丸、三の丸が分かれていましたが、寛文2(1662)年の大地震でお城が大きな被害を受け、それまで分かれていた本丸と二の丸を合体させ、東西が最大80間(約115m)、南北最大55間(約95m)の規模を持つ本丸として再生しました。本丸の跡は現在、膳所城跡公園となっています。また、それまでの三の丸が二の丸となり、現在は浄水場となっています。
天守閣があった所を示す石碑 ↓
現在の膳所城公園北部に位置していた天守閣の規模は最上層が3間四方(約5.4u)、その下が4間四方(約7.2u)、その下が5×6間(約9m×10.8m)、最下層が7×8間(約12.6m×14.4m)だったそうです。
城主は、初代が戸田一西、以後、戸田氏鉄、本多康俊、本田俊次、菅沼貞芳、石川忠総、石川憲之と続き、慶安4(1651)年、本田俊次が再度の任について以降は、本多家が代々城主を歴任しました。
公園内にある「膳所城址」の石碑  正門横の解説板より抜粋
錦鯉が泳ぐ堀と白壁 正門(模擬門)
膳所城の廃城は明治3(1870)年で、二十代城主・本多康穣(やすすげ)が最後の城主となった。城郭は太政官布告に従ってただちに破却されたが、城門は近くの神社に寄付されて移築され、膳所城の少ない遺構となっています。
解説板には「城下町・膳所案内地図」もあり、膳所城の門が保存されている神社として、膳所神社・篠津神社・若宮八幡神社が所在地と共に紹介されています。そのほか城郭内にあった「お椀倉」が地蔵尊の「お堂」として使用されていることなどが紹介されていて、いずれもここから近い所ですので、訪れてみることにしました。
膳所神社に向かう途中、金子工務店との看板があがるビルの窓下で「膳所城中大手門・・・」と刻まれた石碑を』発見!
この辺りに中大手門があったようです。
膳所神社表門

旧膳所城の城門で、国の重要文化財に指定されているそうです。
若宮八幡神社表門

この門は旧膳所城の犬走り門で、大棟の両端に鯱と鬼瓦をあげている。市指定文化財
篠津(しのず)神社表門

旧膳所城の北大手門として建てられたもの。
国の重要文化財。
六体地蔵堂

この「お堂」は膳所城廃城の時、藩に依頼して城内の「お椀蔵」をもらって移築したものだそうで、立葵の瓦が載っています。
また、お堂の左方、相模川にかかる石橋も江戸時代初期に作られたものだそうです。
お堂の瓦 江戸時代初期の石橋
膳所城跡公園
所在地 滋賀県大津市本丸町7
TEL 077-528-2772
(びわ湖大津観光協会)
入園 無料 時間:制限なし
交通 京阪石山坂本線膳所本町駅下車
徒歩約6分
駐車場 有 20台 無料(公園利用者)

訪問日 2015年5月30日
メニューに戻る