近江今津の座禅草

メニューに戻る

2006年3月8日(水)

別の用件で木之本までやってきたが、無事終了まだ時間に余裕があるので、今津町観光協会に電話を入れたところザゼンソウが満開だ・・・・とのことで近江今津駅までやってきた。

観光案内所で道を尋ねると、周辺マップにルートと途中の目印などをマークしながら、親切に教えていただいた。徒歩では30分以上かかりそうなので、日暮れが近いこともあり、レンタサイクルにて駅をあとにする。
道に迷うこともなしに、目的地に辿り着いた。
小さな駐車場と臨時の売店が設けてあり、そこに自転車を置き、いざ出発!
まわりを見渡すと普通の住宅地のようであり、こんな所に本当にザゼンソウがあるの?と思ってしまう。
しかし、水路に架かる橋には大きな看板が掲げられており、その奥に竹藪のような緑地帯が広がっている。
竹藪の隙間から覗いてみると、竹の子の頭が出ているかのように、いくつものトンガリ頭が見て取れる。
竹藪の横を歩いて正式の入口に到着すると、そこからは木道が設けられており、この道以外の通行を禁じる看板が各所に揚がっている。そしてここを少し進むと、なんと!ザゼンソウの大群生が目に飛び込んでくる。
これは、ごく一部を撮ったものですから、その数の多さには驚かされる。残念ながら、日当たりのかげんに因るのか、ほとんどが背を向けているが、木道に向って花開いているものをいくつか撮ってみた。
山の湿地や谷川のほとりなどに群生する座禅草は、サトイモ科の多年草で2月から3月にかけて花が咲きます。
仏像の光背に似た仏炎に包まれたような花の姿は、僧侶が座禅を組んでいるように見えるところからその名がついたと言われています。

この珍しい座禅草の群生地は、昭和五十六年に今津の中学生が理科の観察時に見つけたそうです。これだけ多くの座禅草が群生している湿地は県内でも珍しく、国内自生地の南限とされ、昭和六十一年に環境庁の「特定植物群落」に選定され、平成元年八月には滋賀県の「緑地環境保全地域」に指定されました。
座禅草は花を咲かせる際に発熱する珍しい植物だそうです。発熱は肉穂花序(にくすいかじょ)という部分で起こり、その温度は30度近くまで達するそうです。そのため外気温がマイナスまで下がっても座禅草の肉穂花序は25度近くに保たれているそうです。早春に雪の中からいち早く顔をのぞかせるのは、そのためかもしれません。
花が咲いた後から葉が地中から上がってきます。この葉が大きく成長する過程で花は萎縮して消滅するそうです。
この座禅草は、ダルマにも似ているところから、別名「ダルマ草」とも呼ばれているそうです。
しかし、私にはこの後姿がペンギンに見えてしまいます。ペンギン草・・・・・ダメですね!

所在地:滋賀県高島市今津町弘川(宮西) ←クリックで地図を表示します。

アクセス:JR湖西線「今津駅」下車 バス「小浜」行き「宮西町」下車すぐ。
      今津駅からレンタサイクルで15分。(観光案内所で貸出 300円)

問い合せ:今津町観光協会 (TEL 0740-22-2108)

メニューに戻る