飛行機で日帰り湯村温泉で新年会

2013年1月7日・07:18:00

大阪空港に向かうべき「モノレール・宇野辺駅」から望む東の空に、ポッカリと太陽が顔をだしました。7時20分発の空港行きの到着を告げるアナウンスを聞きながら、大急ぎでホームの最後尾に移動して朝焼け空に浮かぶ太陽を撮ることができました。
今回の旅は、大阪(伊丹)空港から飛行機にて「コウノトリ但馬空港」へ。ここからバスに乗りかえて湯村温泉・朝野家へ。ここで「かに彩り膳」を味わい、その後は付近の散策や温泉露天風呂でくつろぐ・・というもの。これは読売旅行社の企画旅行ですが、これで新年会をやろうとの、我がOB会幹事さんの提案によるものです。
やはり飛行機は早いです。午前9時丁度に出発した飛行機は、30分後に「コウノトリ但馬空港に到着です。
特別仕立てのバスは、途中「道の駅・神鍋高原」でトイレ休憩の後、一路「湯村温泉」を目ざします。
バスは午前11時少し前にホテル・朝野家前に到着です。
玄関横のロビーでお茶と茶菓子をいただいた後、昼食会場へ案内されます。
<お品書き>食前酒/洋梨のカクテル 先付/ゆず風味の胡麻豆腐 前菜/季節のお酒菜五種 造り/仲魚三種盛り合わせ 蒸し物/茶碗蒸し 温物/蟹すき鍋 焼肴/牛タンの陶板焼き 酢の物/茹でずわい蟹半身 留碗/赤出汁

←後から 揚物/海老と白身魚の天麩羅が配られた
食事/香の物三種、ちりめん山椒 水物/デザート盛り合わせ
昼食後は付近の散策です
荒湯
湯村温泉は、天台座主第三世慈覚大師(平安初期)の開発と伝えられる自噴泉で、古来より荒湯として知られている。
泉質は無色透明・無味無臭のアルカリ性単純泉で豊富な湧出量を誇る。温度は摂氏98度と高く、浴用・飲用・ゆでもの・治療用等に利用されている。
足湯につかりながらゆで卵 が定番 湯壷(ゆで卵や野菜ゆがきなど用)
夢千代像

1981年2月~1984年1月まで放映(全十話)の吉永小百合主演ドラマ「夢千代日記」(NHK)の舞台は兵庫県美方郡温泉町であり、ドラマ放映により、同町にある湯村温泉は「夢千代の里」として脚光を浴びたそうです。荒湯の近くには吉永小百合をモデルにした「夢千代の像」が建てられ、また彼女の手形なども像のそばに展示されています。
湯時計

湯村温泉を発見したという慈覚大師円仁の像で、災いを避けるために右手に錫杖(しゃくじょう)・左手には独鉆(どっこ)を持っています。この右手に持っている錫杖が、後ろから台座下のタンクに注がれる温泉水の分量によって上下します。
荒湯の対岸にある正福寺の境内には沢山の雪が残っており、本堂?前の囲いの中には添え木をした小さな木が何本かあり、「天然記念物正福寺櫻」の文字を記した碑がたっています。
寺の案内板によると、この寺は慈覚大師が湯村温泉開発の際に創建されたそうで、囲い内にある「正福寺桜」は学名を「プルヌスタジマエンシス、マキノ」といい、ガク片十枚で一花を包み、メシベが一花に一本から六本ある珍しい桜だそうです。
このあと温泉街から少し外れた所まで足をのばしてみると、「湯村温泉劇場」の看板だけが残る建物が目に留まりました。現在は駐車場として使用されていますが、内部をのぞいてみると、舞台らしき跡なども見ることが出来ました。
単なる土蔵かと思いましたが、造りが不自然です。屋根と壁の間がすけていますので雨が吹き込み蔵の役目を果たせません。写真では分かりませんが、小さな窓に「水」と書かれた紙が張られていますし、扉は厳重に施錠されていますので上水施設かも知れません。

ぶらついている間に、帰りのバスの時間が近付いてきたので、朝野家に戻ります。温泉に入った連中は、あついあつい!と大汗をかいていました。
このあと「コウノトリ但馬空港」から機上の人となり、雲海を下にみながら大阪に向かいますが、こんな旅が9900円とは驚きです。飛行機代だけでも普通に買えば片道12600円ですので往復で25200円、それに料理代とバス代を加えて合計が・・・9900円とは計算が合いません。一体どうなっているのでしょうか?
訪問日 2013年1月7日

メニューに戻る