復活!万博公園・夢の池

1970年に大阪で開催された「日本万国博覧会」の会場内に建造された人工池・「夢の池」には、周りの巨大建造物に負けない規模の噴水が構想されました。これに取り組んだのが「イサム・ノグチ」氏で、6種9基のさまざまな噴水が設置されていました。

博覧会終了後は、水中にうず潮を起こす噴水は撤去されましたが、残る噴水は出水機能を停止させて、モニュメントとして池に残されました。
その後、万国博覧会跡地は「万博記念公園」として整備され、一般に開放(有料)されるようになりました.。

この「夢の池」に、いつからサイクルボート浮かぶようになったのかは知りませんが、白鳥や恐竜達がモニュメントの周りを、よたよたと泳ぎ回る姿がユーモラスで、何となく見入ってしまう事が度々ありました。

こんな「夢の池」の水が急に無くなるとは夢にも思いませんでしたが・・・・・・
2009年の春以降、何となく池の水が減っていくな・・・・・と思いましたが、雨が少ないからだろう・・・・・と思い、あまり気に留めずにおりましたが、2009年6月18日付けで、左のような掲示がボートの管理事務所に張り出されていました。「渇水により」と書かれていますので、池のどこかで漏水しているようです。
← 2009年8月20日

どんどん池の水が減っていきます。
「星雲」と名付けられた噴水塔の基礎部まで、むき出しとなりました。
この噴水は、円筒全体にちりばめられた噴霧ノズルから噴射された霧で、巨大な霧の塔を創出していたそうです。
← 2009年9月3日

水は底の方に僅かに残るのみとなりました。

奥の半円状の2基の噴水は「宇宙船」と呼ばれ、水面に浮き上がったり、水中に没したりして、宇宙船が宇宙を飛行する情景を演出していたそうです。
← 2009年9月28日

この噴水は「惑星」と呼ばれ、ドーナツ状のステンレスを十字に組み、円の外周上にジェットノズルと噴霧ノズルを交互に配置し、回転しながら水を発射していたそうです。

↓ 池は完全に干上がってしまいました。
← 2009年10月15日

その後は時々恐竜達のご機嫌を伺いながら、今後はどうなるのかな?と思いながら側を通り抜けていました。

左奥の噴水は「コロナ」と呼ばれ、上部は水槽となり、外壁を溢流する滝の噴水と下部からはジェットノズルで下方に噴射していたとの事。
← 2011年1月31日

その後一年程経っても、なんら変化が見られなかったため、この池の事はすっかり頭から抜けていましたが、1年3ヶ月ぶりに、何となく池の方を見ると、何と!噴水モニュメントに足場が組まれており、池の底も新しいコンクリートが打たれているではないか!

いつの間にか、これだけ工事が進んでいるのに気が付きませんでした。
← 2011年3月17日

どうせ「どこかの公共工事のように時間を掛けてゆっくりやるのだろう」と思っていましたが、次に池を覗いて見ると、すっかり工事が完了し、すでに水が溜まり噴水も万博開催当時の色で綺麗に化粧直しされていました。
左奥の背の高い噴水は「彗星」と呼ばれ、空中高く掲げられたアルミ鋳物の巨大な箱の下からジェットノズルで激しく水が噴射されていたそうです。
↑ 2011年3月30日 ↑ 2011年4月26日
← 2011年5月16日

数日前の豪雨で、池はほぼ満水となりました。


サイクルボートも、ずらりと勢揃いして出番を待っています。↓
2011年5月24日

3日間降り続いた雨で満々水となりました。ボートの管理事務所には5月28日(土)からサイクルボート営業再開の掲示が張られていました。
 ↑ いよいよ又、白鳥や恐竜達が泳ぎ回る姿が見られる日が近付いてきました。
万博公園・夢の池(赤丸の所)

サイクルボート 6種類 36艘
(ジェット型・スワン型・カップ型・恐竜型・テント型・くじら型)

料金 2人乗り 20分 900円 超過10分 450円
    4人乗り 20分 1200円 超過10分 600円

利用時間  9:30〜17:00 (受付16:30まで)

メニューに戻る