美山かやぶきの里・雪灯廊と冬花火

2012年2月4日(土) 友人に誘われ、京都の「美山かやぶきの里」にやってきました。ここは以前に一度訪れたことがある地ですが、冬に訪れるのは初めてである。「雪灯廊」という催しは1月28日(土)から8日間限りの催しであり、最終日である本日は冬空に花火が打ち上がるそうです。(花火は1/28・2/4の2回のみ)
到着が15時頃でしたので日が暮れるまでの間、まずは雪をかぶった「かやぶき家屋」を巡ります。
雪灯廊というのは、主催者側が用意した灯籠の行列を指すもののようですが、観光客が自分の好きなデザインで雪灯籠を作製してもよいそうで、集落前の平地では沢山の人達が雪を集めて、灯籠作りに励んでおられます。
下の「かやぶき灯籠」は7人がかりで2時間30分程かけて出来上がったそうです。

後ろのテントは軽食などの売店ですが、開店は催し期間中の土曜・日曜のみだそうです。
太陽が西の山に沈み、少し赤みがかった空が見られた後、段々と辺りが暗くなっていきます。


いつの間に灯が入ったのか分かりませんが、雪灯籠の火が刻々と明るさを増していきます。

例の「かやぶき灯籠」にも灯が入りました。↓
ライトアップされた「かやぶき家屋」などを見回っていると、18時30分に打上花火を開始するとのアナウンスがあり、少し高くなった所で待つことしばし、予想よりかなり東側から花火が上がり始めました。

花火はシンプルな打上げで、間を取りながら一発ずつ上がり、約5分程で終了です。

(下の写真は2枚の写真を上下に並べたものです)↓
帰りのバスの出発が18時45分ということで、花火が終わるとすぐさま駐車場に戻らなければならず、真暗闇の中で光る雪灯籠群を撮れなかったのが残念です。
美山かやぶきの里
所在地 京都府南丹市美山町地井
TEL 0771-75-1906 (美山町観光協会)
交通 こちらをご覧ください

催しがある時は旅行会社からツアーバスが出ます。

メニューに戻る