特別公開!吉村家住宅

2009年5月5日、大阪府羽曳野市にある重要文化財「吉村家住宅」の特別公開に行ってきました。

近鉄南大阪線・恵我之荘駅から歩くこと約15分で、土蔵と奥に建つ茅葺きの長屋門が見えてきます。

←土蔵・公文書の保管と来客用品収納が主目的で作られました。(この建物も重要文化財です)
↑長屋門・総茅葺入母屋造(この建物も重要文化財です)。丸竹の軒だるき↑が珍しい。
  
吉村家住宅は、現在の羽曳野市、松原市、八尾市にまたがる地域を統括していた大庄屋の屋敷で元和元(1615)年の建物。民家としては全国で初めて重要文化財に指定されたそうで、瓦葺と茅葺の組み合わせが美しく、軒下の大戸口より出格子に至る間の、土壁と露出させた木材の織りなす直線的構成が、近代的な美しさを見せています。

←奥の部分のUP
大戸口を入ったところは土間となっており、その片隅に宙吊りの部屋がある。何かと思えば女中部屋との事で、その部屋に出入りするための梯子が、きれいな竹の装飾と共に壁に組み込まれています。

当時の女中さんは、出入りが大変だった事でしょう。
宙吊りの部屋の下に設けられている窓格子。上部の間隔を広くするなどの趣向が凝らされている。
奥座敷と次の間の透彫り欄間

17世紀頃の作品と推定されるそうです。
←次の間の茶席

奥座敷の客人にさしあげるお茶を点てるコーナーです。(2畳の広さ)
↑奥座敷の床の間と書院 ↑書院の窓からは庭が望める
↑障子の桟にも変化をもたせている 縁側の軒には12の絵柄が異なる透かし彫りが並ぶ
↑うさぎをデザインした釘隠し ↑フスマの引き手
昭和11(1936)年に、ここを訪れた建築家・伊藤忠太氏が「古くてモダンな家だねぇ」と言われたそうですが、まさにその通りだと思いました。
この家の土蔵と長屋門は外からでも見られますが,主屋は土塀に囲まれていて外観さえも見ることが出来ません。今回の公開は5月5・6日の2日間でしたが、毎年、春と秋に公開日が設定されているようです。問い合わせは羽曳野市教委社会教育課文化財担当(072-958-1111)まで。
吉村家住宅・所在地:大阪府羽曳野市島泉5-3-5 地図
メニューへ戻る