京都:善峯寺の紫陽花

天台宗・善峯寺(よしみねでら)は西国三十三所第二十番札所であり、本尊千手観音菩薩を祀る。 平安中期の長元2(1029)年、源算上人によって開かれたが、応仁の乱で焼失。その後、江戸時代に徳川5代将軍綱吉の生母・桂昌院の寄進により復興され、現在に至る。
この寺に広大なあじさい苑があるこ
とを知り、やってきました。

←山門
遊龍の松(天然記念物) 樹齢600年の五葉松
 
境内からは遠く京都市内までが一望できる。
 
あじさい苑

高低差がある山の斜面に青・白・ピンクなど約1万株もの紫陽花が咲き乱れます。


2007年6月13日現在、まだ少し色付きが少ない感じでしたが、まもなく見頃を迎えると思われます。
 
下の写真クリックで大きな写真を表示します
 
善峯寺に関する情報は 善峯寺 HP をご覧下さい。
路線バスの時刻表や食事処の案内まで掲載しておられます。

メニューに戻る