桜の善峰寺

2013年4月10日

今年の桜も終了だな・・・・と思っているところへI氏から”善峰寺の桜がきれいようなので・・・”との電話が入り、同行することになりました。
阪急電・東向日駅から、善峰寺行きのバスに揺られて終点で下車。そこから急な坂道と階段を上って山門前に到着です。
阪急電・東向日駅
善峰寺は、平安中期の長元2(1029)年、減算上人によって開かれ、「十一面千手観世音菩薩像」を本尊となす。
室町時代の応仁の乱の兵火には免れず、焦土と化した。その後、江戸時代に徳川5代将軍綱吉の生母・桂勝昌院が当山を復旧され、明治に至った。
多宝塔(江戸時代)、大元帥明王軸(鎌倉時代)、が重要文化財で、その他文化財が多数あるそうです。
善峰寺・山門
左:経堂  右:多宝塔 経堂に枝垂れる桜
境内の北側は、急な傾斜でで落ち込んだ谷となっていますが、ここは斜面を上手く使った「あじさい苑」となっています。そして所々に枝垂桜が植栽されており、上からの眺望も中々のものです。
この「あじさい苑」には約1万株の紫陽花が栽培されており、例年6月中旬より7月初旬にかけて見頃を迎えるそうです。
椿の花も多く見られます
釈迦堂と紅枝垂桜
寺は山中にあるので眼下には京都市街が望めます
中央奥の左手に京都タワーが見えています
境内は7代目小川治兵衛作の回遊式境内となっています
付近の山肌はミニ吉野・・・・といった感じです
モミジの新葉と白壁の坂道を下ると元の山門にたどり着きます
善峰寺
所在地 京都市西京区大原野
          小塩町1372
TEL 075-331-0020
交通 JR京都線・向日町/阪急京都線・東向日駅下車:阪急バス66系統善峰寺下車徒歩約8分
入山料 大人500円 高校生300円 小中生200円
入山時間 8:00〜16:30 (17:00閉門)
駐車料 普通車 500円

メニューに戻る