両界山横蔵寺の紅葉

この寺は伝教大使・最澄が自作の薬師如来を祭った寺で、如来像をはじめ22体の国の重要文化財が安置されています。
別名、美濃の正倉院と呼ばれていて、この時期美しい紅葉を求めて多くの人々が訪れます。
 
撮影 2006.11.23
所在地:岐阜県揖斐川町谷汲神原1160 交通:樽見鉄道「谷汲口」駅→名阪近鉄バス谷汲山行
きで10分、バス停「総門前」下車、名阪近鉄バス横蔵行きに乗り換え15分、終点下車、徒歩すぐ

メニューに戻る