城跡探訪・淀古城

2014年9月30日

京阪電鉄の淀駅に降り立ち驚きました。前回の淀城跡の訪問時は平地の木造駅舎だったのですが、今回は線路自体が高架となり、駅舎も一般用出入口と淀競馬場用の出入口を別に持つという、真新しいRC造の駅へと変身していました。
その淀駅から淀古城を目指しますが、現在遺構といえるものは殆んど残っておらず、左地図上方の「納所小学校」がある辺りの地名「納所南城堀」や「納所北城堀」が城跡の名残をとどめており、小学校の北側の川は淀古城の堀跡であろうと考えられます。
また、小学校のすぐ上にある「妙教寺」には城跡碑があるとのことですので、そちらを目指します。


淀駅の南西側の道路を北西に200mほど歩くと、納所(のうさ)交差点という6差路にさしかかります。その中の北方に向かってのびる細い道路を約150m進むと、五番橋と刻まれた親柱を持つ小さな橋にさしかかります。古そうだな〜〜と思い別の親柱を見ると、明治45年6月と刻まれています。明治45年といえば1912年ですから間もなく築100年にもなろうかという古い橋である。(欄干と親柱だけが残されているのかも知れません)
下を覗き込むと、掘跡と思われる水路が残っています。
西側は桂川の堤防に接し、取水口のようです 東側は納所小学校の北側へと続きます
五番橋から先の細い道路を少し北に進むと 右折できる通路があり、奥にお寺らしきものが
ここが淀古城の石碑があるという妙教寺である。

ところで淀城と云えば一つだけだと思っていましたが、時代と場所を違えて2つあり、江戸時代に築城されたものが淀城と呼ばれており、それ以前に存在した城を淀古城と云って区別されています。
妙教寺の鐘楼と本堂である。城跡碑は鐘楼の右下、植木の奥にあった。
淀古城は宇治・木津・桂の諸河川の合流点付近にあって、三面を水に囲まれた天然の要害で、水陸交通の要衝として洛南の軍事拠点の一つであった。
城の成立ちは、室町時代の中期、山城国守護の畠山政長が西軍の畠山義就に備えるため、守護所を勝竜寺から当城に移したものとみられる。当城は摂津・河内方面への押さえとして、明応2(1493)年に細川氏の山城国掌握以降、守護代級の被官によって守護されてきたが、永禄2(1559)年8月、京畿をほぼ統一した三好長慶は細川氏綱を淀城に配して、京都の将軍足利義輝を牽制させた。氏綱なきあとは三好義継、ついで松永久秀方の武将に属していたが、同9年7月、勝竜寺城と共に三好三人衆によって奪回され、当城には三好長逸の内者・金子某が入部した。
しかし同11年、織田信長の入京と同時に織田軍の焼掠にあって落城。豊臣秀吉の天下となってからは、同17年3月羽柴秀長が修築して秀吉の側室・茶々に与え産所とした。これにより茶々は淀殿と呼ばれるようになった。その後、文禄元(1592)年には木村常陸介が居城としたが、同4年に廃城となった。

参考資料

日本城郭大系 第11巻(京都・滋賀・福井編)
       (株式会社 新人物往来社・発行)
なお石碑をよく見ると、「戊辰役砲弾貫通跡」との文字が見えます。
なんでも、戊辰戦争の時に、本堂の板塀を突き破って砲弾が飛び込んできたそうで、その穴の開いた板塀と、弾丸が貫通した本堂内の大柱、それと飛び込んできた砲弾が、今でも大切に保存されているそうです。
妙教寺・本堂
最後に桂川の堤防に上ってみました。     訪問日 2014年9月30日
メニューに戻る