城跡探訪・淀城

2011年3月23日

京阪本線淀駅で下車しましたが、下りの線路とホームが見当たりません。よく見ると線路の高架化工事の実施中であり、これに伴い駅舎は150m程先に移動することになっており、先に下りのホームのみが高架駅で開業中とのこと。間もなくこの駅舎も撤去されることになるようです。
 
駅のすぐ前が「与杼(よど)神社」となっています。この拝殿は慶長12(1607)年に、豊臣秀頼により再建された社殿で、明治33(1900)年に淀城内の現在地に移築されたもので、桃山時代の特徴をよく示す近世社殿形式の一典型である、とのことで国の重要文化財に指定されています。
 
その神社の南側はこんな広場になっており子供用の遊具などもあります。とくに神社と公園との間の仕切りはなく、どちら側とも行き来できます。


淀城址碑は西側(奥)にありました。
 
徳川二代将軍秀忠は,」元和5(1619)年の伏見城の廃城に伴い、新たに桂川・宇治川・木津川の三川が合流する水陸の要所であるこの淀の地に、松平越中守定綱に築城を命じて元和9(1623)年に着工、寛永2(1625)年に竣工した。
 
寛永10(1633)年に国替えにより永井尚政が城主となり、その後諸大名が次々と入城したが,享保8(1723)年5月、春日局の子孫である稲葉丹後守正知が下総佐倉から淀へ移り、明治維新までの百数十年間、この淀城は稲葉氏十万二千石の居城であった。
昭和62(1987)年夏の石垣解体修理に伴い、発掘調査が行われ大小の礎石を含む石蔵が発見された。これは四隅に櫓を持つ白亜五層の天守閣の地下室と基礎であり、宝暦6(1756)年の雷火で炎上する以前の雄姿を偲ばせるものである。
 
東側の少し高くなった所に石垣があり、天守跡が見られるかと思い上がってみましたが、固く扉が閉ざされており、横には「天守台・立入禁止 ぜったいに入らないこと」と赤字で大きく書かれた立看板がありました。なぜダメなのか理由を記してほしいところですが、残念ながら天守跡は見ることが出来ませんでした。
 
途中には「三等三角点・淀城」があり、北緯・東経と共に標高17.53メートルとの表示されていました。。
公園の南側と西側は一段高くした遊歩道が伸びています。フェンスが張られている側は高い石垣が堀に向かって落ち込んでいます。
 
淀城の堀と石垣
江戸時代の淀城は周囲に二重三重の壕をめぐらし「淀の川瀬の水車 誰を待つやらくるくると」のうたで名高い水車は直径8mもあり、城の西南と北の二ヶ所に取り付けられていたとのこと。
なお淀君ゆかりの淀城は現在の淀城跡ではなく、この城跡から北方約500mの所にあったと推定されているそうです。
 
淀城跡公園
所在地 京都市伏見区淀本町
入園 自由
交通 京阪本線淀駅からすぐ
駐車場 公園内に有料駐車場あり
メニューに戻る