淀川河川公園・大山崎地区のナノハナ

←阪急電鉄京都線の西山天王山駅は、2013年12月21日に開業した、まだ新しい駅舎である。

本日は、この駅から東方にある桂川河川敷まで徒歩で行き、「淀川河川公園・大山崎地区」付近の、ナノハナの咲き具合を見届けるつもりである。
駅の東口を出て、高速道路の高架下をくぐり、「調子八角」交差点から204号線を東に進みます。約15分位で「小畑川」に架かる「落合橋」に差し掛かりますが、この橋を渡らずに、右側の土手に沿って歩きます。
前方に終わりかけの桜が沢山見えています。
前まで行って分かったのですが、この土手の下が公園となっていて「ブランコ」や「スベリダイ」が設置されていて、多くの桜が植えられています。

←この桜は遅咲き種らしく、まだ蕾みが多くあり、これから満開を迎えるものと思います。そして川の土手には「ナノハナ」が少しですが咲いてきています。
桜の横を通り抜けると国道171号線にでます。ここの「二階下」交差点を渡ると「バス停」がありました。
何だ!バスで来れたのだ!と思い時刻表を見ると京阪バスは朝と夕刻だけの運転で、使えません。
阪急バスは「西山天王山」駅から、「新山崎橋」行きが1時間に一本ですが出ていますので、「小畑橋」で下車するとよいでしょう。

阪急バス「西山天王山駅」発の時刻表
しかし、目の前にある「名神高速道路」と「新幹線」の高架をくぐらないと、桂川側に行けませんのでガードを探して、「大山崎IC」の方に向かって進みますと、約100m程行った所でガードを発見!
ガードをくぐり抜けると、そこには「ダイハツ工業」の大きな建物が建っており、すぐには桂川の堤防に行けません。171号線を歩いた同距離をバックすると、やっと堤防が見えてきました。
「ダイハツ」さんの工場・側面には桜の木が列植されておりますが、ピークを過ぎているので、一寸残念・・・です。
肝心の「ナノハナ」も、まだこれから・・・といった感じかな?
↑振り返ると「ダイハツ」さんの桜並木と、堤防のナノハナが望めます。
↑やがて左側に「淀川河川公園・大山崎地区」が見えてきます。
きれいに整備された公園です。
黄色い花の名前は分かりませんが右側の花は「ハナニラ」だと思います。
川の流れが見える所まで行ってみると「ナノハナ」がいっぱい咲いています。
↑土手の上からは見えなかった所で、結構咲いてきています。
土手の「ナノハナ」とは又違った表情を見せてくれます。
けっこう背の高いのもあります。
これから花の数がもっと増えると思います
新幹線の列車が通過していきました。
対岸の街並みも見えています。 (訪問日 2015年4月9日)

淀川河川公園大山崎地区のナノハナ
所在地 京都府乙訓郡大山崎町下植野
TEL 06-6994-0006 (淀川河川公園・守口サービスセンター)
入園 無料
交通 阪急電鉄京都線・西山天王山駅から徒歩約30分
阪急バス「新山崎橋」行き乗車・小畑橋下車徒歩約10分
駐車場 公園にあり・108台・無料 (公園利用者に限る)
駐車場の地図

メニューに戻る