万博公園:やったねの木

大阪万博開催35周年を記念して、2005年春に新名所が誕生しました。

その名も、大型ローラーすべり台「やったねの木」

2本の大型ローラーすべり台の傍には、幼児・子供向け遊具が数多く備わっています。
 
シンボルの「どんぐりドーム」は、1970年の大阪万博参加国から寄贈された世界各地の樹木の種(どんぐり)と、これから成長していく可能性に満ちた子供たちを象徴し、遊びを通じて大きく成長してもらえるように願いを込めてデザインされたそうです
 
「やったねの木」の裏側。

宇宙ステーションを連想させる構造体を取り囲むように、幼児・子供用のいろいろな遊具が用意されています。
 
スパイラルスライダー ネットクライム
 
ビッグウエーブスライダー ローラー滑り台(小)とダブルレールスライダー
 
潜望鏡 伝声管
 
          
 シーソーデッキ           ウエーブしゃめんばん        スパイラルクライマー
 
サンシャワールーフ 滑り台への上り口
 
ローラー滑り台の出発点 カーブ
 
太陽の塔がこちらを見ているようだ 結構よくすべります
 
コロコロパネル カラフルパネル
 
カスタネットパネル てっきんパネル
 
潮吹きクーチャン(霧が出ます) 砂場と幼児遊具
 
休憩所 腰ふりサークル(腰のストレッチ)
 
前屈ラダー(前屈運動) 脚伸ばしステーション(脚のストレッチ)
 
背伸ばしステーション(上半身のストレッチ) パネルラダーステーション(肩の柔軟)
 
御覧のように、お母さん達は休憩所で子供達が遊ぶのを見守りながら、時には健康器具で健康増進が出来るので、ここは小さな子供達を遊ばせるのには絶好のポイントだと思います。

この施設は公園中央口近く(印の所)にあり、公園の入園料のみで利用できます。

入園料金=大人250円、小中学生70円、幼児 無料

メニューに戻る