奈良県:矢田寺のあじさい

2016年6月8日 久しぶりに奈良県の矢田寺を訪れました。
長い石段を上って、やっと本堂が望める所に到着しました。 
矢田寺は、正しくは矢田山・金剛山寺(やたさん こんごうせんじ)と号し矢田丘陵の中央、矢田山の中腹に位置して、我が国の地蔵信仰発祥の霊場の一つである。矢田寺は飛鳥時代の六百八十年頃、天武天王の勅願により智通増正が開基された。その後、平安時代初めの弘仁年間に満米上人(まんまいしょうにん)と参議・小野篁(おののたかむら)により地蔵菩薩が安置されて以来、地蔵信仰の中心地となりました。このお地蔵様に因み植えられて約60種1万株のアジサイは梅雨の時期になると境内一帯に咲きそろい、「あじさい寺」とも呼ばれています。
矢田寺の御本尊が「お地蔵さま」ということで、参道にはお地蔵様が多く見られます。
見本園のあじさい (一寸珍しいとと思う品種を紹介)
八重カシワバアジサイ エンジアンダム
ナデシコガク うずアジサイ
城が崎 三河ちどり
富士の滝 竜王
日向青 伊予白
春日神社・本殿
「御影堂あじさい広場」と「あじさい園」の画像はスライドショーでごらんください
矢田寺:奈良県大和郡山市矢田町3506
あじさいの色付きに合わせて下記の臨時バスが運行されています。
メニューに戻る