霧が峰:八島ヶ原湿原の花

奥霧が峰の標高1632mの所に在る「八島ヶ原湿原(面積34.715ha)」は高層湿原と呼ばれる特殊な湿原です。高層湿原は、微栄養・貧石灰・貧酸素・水質は酸性・低温などの特殊環境のためにカヤソリグサ科などの矮小な植物が大部分で、これらが枯れても腐食せず堆積して泥炭化し新苗はその上に成長し、そのために湿原は付近の水面より高く盛り上がります。この湿原の最高所は水面より7mも高く、泥炭層の厚さは8.5mあり、その生域には1万年を要しているそうです。
所在地:長野県諏訪郡下諏訪町 地図  アクセス             撮影:2008年7月21日
湿原の周りには木道が敷かれ、湿原を一周するに要する時間は、ゆっくり歩いて90分程、その他にもいくつかの散策ルートが設けられています。では、この木道の傍で咲く花々を少しばかり紹介しましょう。
クガイソウ↑ コウゾリナ(キク科)↑
ノアザミ↑ ハナチダケサシ↑
 
イブキトラノオ↑ グンナイフウロ(フウロソウ科)↑
ヤナギラン(アカバナ科)↑ キバナノヤマオダマキ(キンポウゲ科)↑
キリンソウ↑ ハクサンフロウ↑
マツムシソウ↑ ヨツバヒヨドリ↑
ヤマホタルブクロ↑(霧が峰高原) タカネナデシコ↑(霧が峰高原)

メニューに戻る