城跡探訪・大和郡山城

2012年2月21日

奈良県大和郡山市の郡山城跡を訪れました。この城跡には天守閣こそありませんが、堀・石垣・天守台は昔のまま残されていて、一部の櫓や追手門なども復元されています。
堀に沿って北進すると、追手向櫓(左)と多聞櫓(中央)と追手門(右)でコの字状に形作られた枡形に到着します。
大和郡山城

 筒井順慶が織田信長の後援によって、松永弾正久秀を破り、宿願の大和統一をなし遂げて、天正8(1580)年に郡山に入り、築城に着手している。しかし、本格的な郡山築城は、天正13(1585)年に大和・和泉・紀伊三ヶ国の天守として豊臣秀長(秀吉の弟)が入城してからのことである。
 慶長5(1600)年に関ヶ原の戦いが起き、西軍の敗北とともに郡山城は徳川方に接収されて取り壊しとなり、建物の全ては伏見城に移された。
 元和4(1618)年に松平下総守忠明が城主となったが、その時点で城には十分な建物とてなく、家康の命によって多くの建物を伏見城から再び郡山にもどし、近世郡山城の偉容は整った。
 享保9(1724)年甲府城から郡山に移封なった柳澤甲斐守吉里から、5代に渡り受け継がれた郡山城も、明治維新を迎えて廃城となり全ての建物は取り払われてしまった。

 ---- 大和郡山市の解説板より抜粋 -----
 
追手門(おおてもん)

取り払われた状態が長らく続いていましたが、市民の間で郡山城復興の声が高まり、昭和58(1983)年に第一次として、市民の寄付によって豊臣秀長築城にふさわしい姿で復元されました。
追手向櫓(おおてむかいやぐら)

追手門を守るための櫓で、記録によると、1階は4間2尺に5間(約8×9m)、2階は2間(約3.6m)四方の二重櫓であったと伝えられている。実物は明治6(1873)年に取り払われましたが、昭和62(1987)年に復元されました。
追手東隅櫓おおてひがしすみやぐら

この櫓には石落としが2ヶ所、鉄砲狭間が6ヶ所設けられており、古絵図の中には「今太鼓櫓」と注記されているのがあり、これは当時、櫓に太鼓を据え付けて、時を知らせたり敵兵の接近を知らせたりしていたようである。昭和59(1984)年に復元。
大和郡山市民会館(城址会館)

建設当時は奈良公園内に建てられた県立図書館でしたが、昭和43(1968)年に、大和郡山市に引き取られて郡山城跡に移築保存されました。現在、内部を改造して市民集会や展示会などに利用されている。 県・市の指定文化財。
柳沢文庫庭園

柳沢文庫前にある庭園で、昭和元年に柳沢邸の前庭として造られたものだそうです。
柳沢文庫
 
昭和35年(1960)、郷土の子弟教育のさらなる発展を願う有志と柳沢保承(やすつぐ)氏の発意によって財団法人郡山城史跡・柳沢文庫保存会として郡山城内に設立された地方史誌専門図書館。古文書・典籍など歴史史料、柳沢家関連地域の自治体史や歴史・文学系を中心とした一般蔵書を公開。
両面仏石(柳沢文庫の南東奥)
 
この石仏は戦国末期に郡山城の石垣の材料として他所から持ち込まれたものと推定されます。花崗岩で表面は地蔵菩薩立像(首より上は欠損)、裏面には大山王かと思われる人物が彫られています。冥府で亡者を裁く十王のひとりと地獄に堕ちた亡者の救済者である地蔵を一つの石材の表裏に彫りだした珍しい石仏で、鎌倉時代後期頃のものと考えられるそうです。
表面 裏面
本丸郭と毘沙門郭を分かつ堀


左側が本丸郭の石垣、右側が毘沙門郭の石垣です。
天守台の石垣

城の石垣にはいろいろな顔がある。巨石を精密なまでに加工し、積み上げた大坂城に代表される整然とした石垣、積み石のひとつひとつを同一大にしてリズミカルな面をもった二条城などの石塁、自然石をそのままに積み上げた中世の城など・・・・・・。
大和郡山城の石塁は、なんと大半を周辺寺院からかり集めた墓石・仏石などからなる。遠くからながめると塁々と折り重なるが、近寄ると地蔵尊・五輪塔・寺社灯籠などの部分石が組み込まれ、この城が畿内南方の要として、大和大納言秀長らが急務のうちに築城したことを物語っている。

文面は昭和52(1977)年発行
探訪日本の城 E 畿内編より転載
さかさ地蔵

石仏などがある石垣の近くに「さかさ地蔵」の表示がある。石垣の隙間に出来た空洞から、覗き込んでみましたが暗くてよく分かりません。しかし、フラッシュを発光させたカメラでは何とか撮れていました。
地蔵様は背中を上にして、手前の足元から奥の頭にかけて斜めに据えられ、穏やかな表情で天守台を支えておられます。

解説板によりますと、地蔵は左手に宝珠を持ち、右手には錫杖(しゃくじょう・僧 修験者の杖)を持っています。仏身は90cmの立像で太永3(1523)年7月18日の刻銘があるそうです。
なお、この地蔵の付近に置かれている石仏は路傍に忘れ去られた野仏や都市開発工事で掘り出されたものなどを、誰とはなしに、ここに運んだもの・・・と書かれています。
せっかくですから石段を上り、天守台上に立ちました。ここは転落防止の棚などは無く、下を覗き見ると、ちょっと足がすくみますが、本丸下の堀、市民会館や櫓越しに大和郡山市内が一望できます。
桜の木が沢山ありますので、桜が咲く頃に訪れるのがベストのようです。
天守台上から毘沙門郭方向の眺め
大和郡山城
所在地 奈良県大和郡山市城内町
交通 近鉄郡山駅から徒歩5分
JR郡山駅から徒歩10分
入城 自由
駐車場 無料 追手門横又は城跡内

メニューに戻る