戦艦大和の故郷から江田島へ

戦艦大和の概要 全長:263m(水線長256m) ・ 最大幅:38.9m ・排水量:69,166トン ・ 最大速度:27ノット ・ 機関:艦本式タービン12罐4軸、15万馬力
        戦艦大和戦史
昭和12(1937)年11月 4日  呉海軍工廠にて起工
昭和15(1940)年 8月 8日  進水
昭和16(1941)年12月16日  竣工、呉鎮守府編入、連合艦隊に編入
昭和17(1942)年 5月29日  ミッドウエイ作戦参加
昭和17(1942)年 8月17日  ソロモン作戦支援
昭和19(1944)年10月24日  比島沖海戦参加
昭和20(1945)年 4月 5日  沖縄海上特攻作戦決定
昭和20(1945)年 4月 7日  九州南西海面にて米空母艦載機延べ386機と交戦
 約3000人の尊い命と共に沈没
広島県呉市のJR呉駅の近くに大和ミュージアムという呉市海事歴史科学館がある。ここは世界一の艦船「大和」を生んだ呉の歴史と、平和の大切さ、科学技術のすばらしさを未来へ伝えるために造られたそうです。
1Fの「大和ひろば」には、全長26.3メートルもある縮尺10分の1の戦艦「大和」の模型が置かれています。
この模型は実際の「大和」の設計図や写真、潜水調査水中映像などをもとに可能なかぎり詳細に再現したものだそうです。
 
展示室(1F)

史上最大最強の戦艦「大和」の建造計画からその技術、大和の辿った運命、沖縄特攻へ出撃した乗組員の遺書や遺品、戦時下の市民生活や空襲時の様子、平和産業港湾都市として復興し、世界的な造船のまちとして現在に至るまでの呉の歴史を、パネルと現存する資料で紹介されています。
 
大型資料展示室(1F)


この3体の他にも砲弾などの展示があります。
  
屋外の無料ゾーンには潜水調査船「しんかい」が展示されており、大和波止場は実物大の戦艦「大和」の甲板をイメージした公園となっています。
大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)
所在地 広島県呉市宝町5-20
TEL 0823-25-3017
入館料 一般500 高校生300 小・中生200円
休館日 火曜日(祝日の場合は翌日休館)
交通 JR呉駅より徒歩5分
 
「てつのくじら館」(大和ミュージアムの近く)

昭和60(1985)年に「あきしお」と命名され進水、平成16(2004)年に役目を終え、同18(2006)年に国内最大の起重機船で陸揚げされ、資料館として一般公開されています。(入館無料)
実物の潜水艦の内部が見学出来、潜望鏡体験などもできます。
 
呉港からフェリーで江田島に渡ります。現在は海上自衛隊が使用している「旧海軍兵学校」を見学するためである。江田島の小用(こよう)港からバスで5分程で「第一術科学校」バス停に着きます。そこから徒歩3分位で通用門に到着します。
門柱の左側が受付で、代表者が住所・氏名を記入し、渡された入場バッチを胸に付けて待合所に向かいます。右奥に見える赤い建物がその場所で、「江田島クラブ」と表示されており、学生達のレクレーション施設として平成6年に建設されたものです。ここには見学者用にお土産売場なども設けられており、見学時間が来るまでの間ビデオを見たりしながら過ごします。

時間が来ると、この学校を卒業されたという案内係員さんが登場し、学校の沿革などの説明がありました。

旧海軍兵学校は明治21(1888)年に東京・築地から移転して以来、海軍将校養成の地として。若人の憧れを集めてきた。そして数多くの将校の卵たちが、ここで厳しい訓練を受け、日本海軍の要として巣立っていった。戦後、米軍に接収されたが、昭和31(1956)年に返還され、現在は海上自衛隊の幹部候補生学校や第1技術学校などになっている。

このあと外に出て見学コースを巡ります。
 
大講堂 大正6(1917)年竣工 御影石造

入学式・卒業式・その他のセレモニーに使用。

最初に見た時はレトロ調で建てた真新しい建物かと思いましたが、説明によると「戦後米軍から返還された時は汚れて真っ黒だった」そうですが、丁寧に洗い直した結果、この様にきれいになったとの事です。

こちらの玄関は貴賓用で、一般の出入口は反対側にあります。
大講堂(一般出入口側)

ここは内部見学が可能ということで、中央の扉から中に入りましたが、内部のなんとすばらしいこと! 緩やかなカーブを描く天井材は和紙で出来ており、通気性が良いので冷房不要とのことで、空調設備は一切ない。そのうえ音の反射が良く、舞台の上で小さな声でしゃべっても講堂の隅々まで良く聞こえるそうで、マイク・スピーカーなどの音響設備も全く必要無いそうです。
舞台中央には玉座(天皇席)がある 照明器具は船の舵型です
 
幹部候補生学校 明治26(1893)年竣工

大講堂の横から、長い長い赤レンガ造2階建の建物が延びています。この建物の長さは「戦艦大和」の全長の約半分の長さがある。このレンガの値段は、当時の一般的なサラリーマンの給料が13銭位だった頃に、このレンガは一枚が20銭という、べらぼうな値段だったそうですが、高価なことだけあって、いまだに綺麗な色を保っています。
説明係員さんがレンガを一度さわってみて下さいとの声に皆さん一斉に手を伸ばします。私も触ってみましたが、普通のレンガはざらざらしていますが、これは表面がつるつるで、タイルのような感じで.したので、汚れは付き難い感じがします。


建物の横に回りこむと、側面の出入り口から一直線に伸びる廊下の光景が素晴らしく、カメラの林立となりました。
 
教育参考館 昭和11(1936)年竣工

旧海軍関係の資料などが、約16,000点保存され、そのうち約1,270点が展示されている。なかでも若き神風特攻隊員の遺書や遺影なども展示されています.。館内は撮影禁止となっており、脱帽のうえ入館するする事が義務付けられています。

この建物の横に戦艦大和の主砲々弾と、ハワイ真珠湾攻撃に参加した5隻の特殊潜航艇の1隻が置かれています。
戦艦大和の主砲々弾 特殊潜航艇
敷地内には、まだいくつかのレトロ建物があるようですが、勝手な行動は禁止されていますので、これにて見学は終了です。

旧海軍兵学校跡地
所在地 広島県江田島市江田島町国有無番地
TEL 0823-42-1211(内線2016) 

見学会に関して詳しくはこちらをご覧ください。
メニューに戻る