山口家住宅 (堺市立町家歴史館)

江戸時代初めの建築物とされる町家「山口家住宅」(国重要文化財)が、大規模改修され、2009年11月26日から「堺市立町家歴史館」として公開されている事を知り、阪堺電気鉄道阪堺線のチンチン電車に揺られて「綾ノ町」駅までやってきました。ここからは徒歩約3分で「歴史館」に到着です。
この建物は約950uの敷地に建つ15の部屋を持つ2階建てで、1階の太い梁のかかった広い土間が特徴の建物であり、建築手法から元和元(1615)年ごろの建築と推定されるそうです。
太い梁が特徴の広い土間 (この写真↑は堺市発行のパンフレットより転載)
土間の奥にはある大きなカマドが目に留まります。


大きなものから小さなものへと並ぶカマドは「へっついさん」とも呼ばれる。
西座敷 南の間
土蔵の2階への階段?はしご?

わずかなスペースに引出しや戸棚を設けてあります。           
西土蔵の内部   西土蔵の内部
茶室 茶室に敷かれた堺緞通(だんつう)
次の間 奥座敷
次の間と奥座敷の間の地透かし欄間
奥座敷の床の間 床の間横の障子窓
次の間より茶室を望む 庭には樹齢200年のハゼの木がある
縁側 鮮やかな色彩のつい立
北土蔵 北土蔵の内部
帰りがけにこんな物を発見!空中に浮かぶ女中部屋?でもあるまいし・・・・と不審に思い、常駐するボランティアさんに尋ねると、当家の何代目かのお嫁さんが輿入れの際に使用された「かご」との事です。
梁にぶら下がるかご

山口家住宅 (堺市立町家歴史館)
所在地 大阪府堺市堺区錦之町東1丁-2-31 地図
電話 072-224-1155
開館時間 午前10時〜午後4時(入館は午後3時45分まで)
休館日 火曜日(祝日の時は翌日)年末年始(12月29日〜1月3日)
入館料 200円(65才以上・障害者・中学生以下は無料)

メニューへ戻る