枚方市・山田池公園の梅

2012年3月3日

以前、「花菖蒲」で訪れたことがある山田池公園にやってきました。今回は梅林が目的地である。今年は何処とも梅の開花が遅れていますが、ひょっとすると・・・・・と思いながら、公園の北口から右側の道をたどると・・・・・・
程なく山田池が見えてきます。

 山田池は大阪府営山田池公園の中に在って、公園の中核をなす古い池で、灌漑用のため池として造られました。
 戦前は万を超える鴨の大群が降りたものですが、数は少なくなったものの、今も各種の水鳥がみられます。
 水面の広さは、およそ10ヘクタールで、府下でも有数の大池です。
 池の周囲には深い木立や竹林があり、花しょうぶが咲き、草原などもあるなど変化に富んでいます。その上複雑な地勢の起伏が手伝って、まわりの喧騒をさえぎり、静寂を保っています。

(山田池の案内板より抜粋)
少し南下した場所の案内板によると
 
 山田池公園付近一帯には出屋敷遺跡と呼ばれる遺跡があり、公園建設に伴う発掘調査で、これまでに弥生時代後期から古墳時代後期にかけての竪穴住居跡が約40棟と掘立柱建物跡・溝などのほか、中世の掘立柱建物跡などが確認されているそうです。
なお南下を続けると、「ツツジの丘」という所があり、その向こうに梅林が見えてきました。思っていたよりも開花が進んでいるようです。
梅林の入口には大きな休憩所があり、その奥でピンクの梅の花が沢山咲いています。

一寸、休憩所の柱と梁などを額縁に見たてて梅を撮ってみました。↓
この梅林には約20品種・約300本の梅が植えられています
この日は遅咲種は蕾みでしたが早咲種が見頃と言ってもよい状態でした
少し暖かくなったのでお弁当を広げる人達も
この木などは正に満開です
どこで聞きつけたのか大勢の人々で賑わっていました
ロウバイも咲いています
やはり花見は青空が広がる時が最高です
以前、京都の梅で有名な寺社に、新聞の梅便りで満開を確認して出掛けましたが、梅の花は終了して何もありません。それでも拝観料の500円は返してくれませんし、交通費なども戻ってきません。そんなことがあってから、最近では公の施設に行くことが多くなりました。ここの梅林の規模は小さいですが、けっこう堪能できましたし、何と云っても入園が無料ですのでお薦めです。(交通費は必要です)
山田池公園
所在地 大阪府枚方市山田池1-1
TEL 072-851-4761(公園事務所)
駐車場 有 226台 1時間400円 以降1時間ごとに100円加算
交通 山田池公園のHPをご覧下さい(詳しい公園地図などもあります)

左の地図の目印は梅林の位置です

メニューに戻る