和歌山(粉河寺・紀三井寺・和歌山城)の桜
 
粉河寺
粉河寺は西国三十三所第三番札所で、紀州三大霊場のひとつ。開祖は宝亀元(770)年で、鎌倉時代には約4km四方の広大な境内地を誇っていたが、天正13(1585)年、豊臣秀吉の根来攻め戦火に巻き込まれ、多くの寺宝を焼失。江戸時代には紀州徳川家の保護などにより、現在の諸堂が完成された。
2013年3月26日現在の桜開花状況は、枝垂れ桜などは見頃、その他は5〜7分咲きと云ったところでしたが、27日には「和歌山のソメイヨシノは満開になった」との報道がありました。
中門付近 訪問日 2013年3月26日 
粉河寺
所在地 和歌山県紀の川市粉河2787
TEL 0736-73-4830・3255
境内 無料
交通 JR和歌山線・粉河下車徒歩15分
駐車場 有・100台  普通車500円
マイクロバス1000円
  
紀三井寺
紀三井寺は宝亀元(770)年、唐僧の為光(いこう)上人によって開基された。御本尊は十一面観音さまで、西国三十三所の第二番札所となっており、年中お参りの人がたえません。
春は早咲きの桜の名所で、正面石段の数は231段あります。
紀三井寺は、事前の開花情報で確認したところでは「間もなく見頃」となっておりまして、まさにそのような状況でした。
境内からは和歌浦湾が望める 訪問日 2013年3月26日 
紀三井寺
所在地 和歌山市紀三井寺1201
TEL 073-444-1002
拝観料 大人200円(70才以上100円)
小・中学生100円
交通 JR紀勢線(きのくに線)
紀三井寺駅下車徒歩10分
駐車場 3時間300円
  
和歌山城
和歌山城は、天正13(1585)年に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりです。元和5年(1619)には徳川家康の第10子・頼宣が入城し、紀州55万5千石の城となり、以来、徳川御三家のひとつとして、長い歴史を刻んできました。現在の天守閣は、戦災後の昭和33年(1958)に再建されたものです。
一の橋大手門を入った右側で、立派な枝垂れ桜が咲く
和歌山城公園内の桜も「見頃」と云える状態になっていました
小天守の向こうは紀ノ川 訪問日 2013年3月26日 
和歌山城
所在地 和歌山市一番丁3
TEL 073-435-1044
公園内 無料 年中無休
天守閣 大人400円 小中生200円
交通 JR紀勢線・和歌山駅
駐車場 62台 2時間350円

メニューに戻る
 
">