公開!ヴォーリズ六甲山荘

ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した山荘が六甲山上にある。この山荘は昭和9(1934)年に個人の別荘として建設されたもので、敷地は約6000u(1700坪)、建物は約264u(80坪)の木造平屋建てであり、六甲山上の厳しい気象状況下で70年以上耐えてきた割には痛みは少なく、家具なども含めて建設当時の姿をよく残しているそうである。

所在地:神戸市灘区六甲山町

         平面図 ↓
←玄関ポーチの天井は船底天井のようである



玄関の照明器具↓
リビングルームは夏別荘を意識して北側に窓を設けている リビングルームの照明器具
床と壁の交点は丸みのある幅木を入れ、埃(ほこり)がたまりにくく掃除がしやすいように考えられている 暖炉の両側には備え付けの腰掛けが設けられている
食堂↑




↓食堂内のユニークな照明スタンド
備え付けの食器棚、↑

リビングルームと食堂の壁はわざと節のある木材を使い山荘らしさを演出している。

食堂天井と照明器具↓
洋室↑ 洋室の一寸変わった照明器具↑
↑和室1は使用人の部屋で、壁に収納できるアイロン台が珍しい。 台所・流し台上部の備え付け収納庫↑
風呂場は五右衛門風呂である↑ 風呂場天井換気口と色ガラス入りの窓↑
↑窓枠の下部は傾斜を付け、雨水が溜まらないように考えられている

←網戸が外から開けられないように鍵がかかるようになっている
ヴォーリズ煙突↑


建物の西側→
                    撮影 2007.7.25 
ところで、この建物は「甲南女子学園」が1970年代から六甲山学舎として使用されていましが、5年前に閉鎖され放置されていました。その事を知った、阪神間の古い建物の保存に取り組むNPO法人「アメニティ2000協会」が「ナショナル・トラスト方式」(一般からの募金で建物を買い取り、保存・活用する方式)で同山荘の取得を計画されています。そのため山荘内で度々催物を開催したり内覧会などを行なっておられますので、ぜひ一度おとずれてみてはいかがでしょうか。
                    今後の予定 山荘への道順など
メニューへ戻る