城跡探訪・魚住城

先日紹介した、「明石市魚住・住吉公園の水仙」」で訪れた公園内に、播磨灘の案内地図が設けられており、その中にある「魚住城跡」の文字が目に留まりました。この地図で見るかぎり住吉公園から、ほん近くのようですので、何の予備知識もないまま探してみることにしました。
「住吉公園のすぐ近く」と思っていたのですが、歩いても歩いても海岸道路から山側に上る道が現れません。
確か、お寺の近くだった事を思い出し、また元の案内図前に戻り、寺の名前を確認の上、まず「瑞雲寺」を探すことにしました。
瑞雲寺は公園のすぐそばにあり、簡単に見つかりましたので、その周辺で城跡を探し歩きますが、それらしき所は見つかりません。丁度そこへ、小さなお子さんを連れた若奥様が通りかかられたので、「魚住城跡」の場所を尋ねてみると、「う〜〜ん、一度行った記憶はあるが、もっと遠い所で、この近くではないですよ」との事。そして「うちの”おじいちゃん”に聞いて下さい」と家の玄関口まで案内していただきました。
そして、出てこられた方の説明によりますと、「海岸沿いの道路を10分程行くと大きな酒蔵があり、その北側にある」と教えていただき、再び元の道に戻り、酒蔵を目指して歩きます。
ところが10分を過ぎても、それらしき物が見えません。
どうやら、隣町まで歩いてきたようで、民家の庭先におられたご婦人に伺うと、次の道を左に上っていくと小さな公園があり、その中にちいさな碑がある・・・と教わりました。
その通り進むと、広々としたグランドが見えてきて、その隣りに小さな公園がありました。
やっと見つけたぞ!!と、あちらこちらを見て回りますが、何もありません。隣のグランドをくまなく捜索しましたが、見つけることが出来ず、又海岸道路に出て、もう少し先へと歩を進めます。と
「明石江井島酒館」の看板がある酒蔵に辿りつきました。道を教えていただいた方は10分位と仰っていましたが、帰宅後調べたところ、約1kmあり、疲れた体の足取りでは15分以上かけての到着です。
そして、酒蔵の北側にやってきましたが、住宅地内で、それらしき物は見当たりません。そこへ今度は「お孫さんを連れた”おばあちゃん”が通りかかりましたので、城跡の件を伺うと、「この道を道なりに進むと公園がある。以前はその公園にあったが、現在は、違う所にもっていかれた。分かりにくいところなので、その公園辺りで又人に聞いて下さい。」とのこと。
教えられたとおり進むと、何やらみた光景が・・・・・先ほど調べたと同じ公園とグランドがある所に出ました。おばあちゃんが云っていたように、以前はこの公園内に城跡を表すものがあったようですが、どこか別の場所に移動されたようです。人に聞こうと思っても誰も通りがかりません。
結局、自分で住宅地内を探して歩き、先程とは違う小さな公園を見つけました。そして「滑り台」の傍に何やら看板が見えましたので、近付いてみると「魚住城跡」の解説板でしたが、石碑は見つかりませんでした。
「日本城郭大系・兵庫編」による「魚住城」の記載内容を以下に記します。

魚住城魚住城は住吉社領魚住荘を代々領した魚住氏の居城である。魚住荘には「中尾住吉神社」「魚住古窯址群」「魚住泊」があって、この宮・窯(陶器生産地)・泊(港湾施設)が魚住荘を特徴づけると共に荘の重要性にもつながっていた。

『卜部家譜』に
魚住城主魚住夫房殿之城ハ数代中尾村ニ有之 其節三木へ籠城被成候此度貴酬雑賀中国毛利輝元と一身加勢致密謀ニよって海辺要害之地ヲ雑賀軍勢雲霞のごとく楯テ籠リ居アマリ海中ニ船陣ヲ被リ居申候 とある。

この『卜部家譜』から、城は明石市魚住町中尾に築かれ、三木合戦に及んで現在の明石市大久保町西嶋に改めて築かれたことがわかる。魚住城は南北朝時代の初めに魚住大夫判官長範によって築かれたらしく、長範―○―○―○―純友―長秀―吉長と代々の居城になっている。中尾川沿いの台地に城があったのであろう。
東播磨地方が織田信長の支配に服するきっかけとなった三木合戦が天正六年から二年たらず、東播磨全域で行われ、魚住の地は三木籠城軍に対する一大補給基地になったのである。
魚住左近頼治は、新たに魚住城を海(港)に面した大久保町西嶋の赤根川によって切断された台地に築き、毛利・紀伊雑賀の軍勢を迎え入れている。
天正八年(1580)に三木合戦は別所方(三木城)の敗北に終わり、毛利軍が魚住の地から引き揚げることによって魚住城は存在理由を失い、廃城となった.。
魚住城跡
所在地 兵庫県明石市大久保町西島
交通 山陽電鉄・西江井ヶ島駅より徒歩
約10分

マーカーは城跡案内板の位置ですが、城跡としては、グランド・横の公園・付近の新興住宅地を含めた地域一帯が魚住城跡だそうです。
メニューに戻る