梅宮大社:早春の神苑

阪急電鉄・松尾駅から徒歩約10分位 酒造の租神とあって楼門には酒樽が並ぶ
楼門をくぐると拝殿で、その奥に大きな梅の木が 梅の木の下から拝殿を望む
本殿は工事中らしくてブルーのシートに覆われていました。

社務所で入苑券(500円)を購入して入苑します。
庭は池泉回遊式庭園となっています 枝垂れ梅の向こうに見えるは「池中亭茶室」
訪れるのが一寸遅かったようで、梅は遅咲き種のみが咲いていました。
藤牡丹しだれ 道知辺(みちしるべ)
マヤ紅梅
梅の他にもスイセンや椿が咲き出していました。
この後、八重桜・霧島ツツジ・かきつばた・平戸ツツジ・花菖蒲・あじさい等が次々と開花するそうです。





        撮影 2008年3月17日
梅宮大社
所在地= 〒615-0921 京都市右京区梅津フケノ川町30 地図
電話=075-861-2730  FAX=075-861-7593
神苑入苑料=500円 (境内自由)

メニューに戻る