京都・梅宮大社の「あやめ

2013年5月12日

梅宮大社は今回で2度目の訪問である。
前回は梅が目的で訪れましたが、残念ながら一寸遅かったようで、梅以外の花を「早春の神苑」として紹介しましたが、今回の目的は「あやめ」である。
社務所で入苑券を購入して神苑に向かう途中、本殿の脇で咲く青紫色の花を見つけました。
しかし、この花が「あやめ」なのか、杜若(かきつばた)」なのか、その区別がつきません。「いずれがあやめ、かきつばた」と云われるように、よく似た花であるらしいし、判別方法も知りませんが、とりあえず神苑へと向かいます。
本殿脇でスイレンが咲いていました
神苑に入った所のすぐ近くに、本殿脇で咲いていた花と同じ花があり、名札がかかっていましたので、「あやめ」であることが確認できました。しかし昨日の雨のせいでしょうか?、あまり綺麗な花が見つかりません。
一寸ましな花を見つけて、確認出来たのは「あやめ」には花弁の付根に綺麗な模様がある事です。あとで知ったのですが、この模様が「文目(あやめ)」模様とかで、そこから「あやめ」の名が付いたそうである。
ちなみに、苑内の「咲耶池」で咲く杜若(かきつばた)の花弁の付根を確認したところ、単純な白地に黄色い線が一本走っているだけですし、白い杜若は黄色い線のみとなっています。そして何よりも違うところは杜若は水中から株が伸びているのに対し「あやめ」は水の無い所で育っています。
池泉回遊式庭園の神苑を巡っていると、所々で綺麗な「あやめ」に出会えました。

「いずれがあやめ、かきつばた」が何とか解決できた1日でした。
梅宮大社
所在地 京都市右京区梅津フケノ川町30
TEL 075-861-2730
交通 阪急嵐山線・松尾駅から徒歩約15分
入苑料 神苑 500円 (境内自由)
駐車場 有 無料

メニューに戻る