惜別!阪急電鉄旧梅田駅待合所

大阪の阪急百貨店梅田本店の建て替えに伴い、2003年9月14日から阪急百貨店ビルの南側入口部分に工事用フェンス(高さ2〜3m)が設置されるそうだ。この辺りは昭和4(1929)年に建設された旧梅田駅の待合所が残されていたのだが、それらの解体工事に取り掛かる為だそうである。大阪レトロでは「阪急ビルデイング」として紹介したが、下の写真のようにレトロな雰囲気の漂う素晴らしい空間であっただけに、非常に残念に思う。 (写真は2003.3.2に撮影)
伊東忠太氏が作製したモザイク壁画が東西の壁面を飾っている
獅子 鳳凰(ほうおう)
天馬
最近になって、モザイク壁画とシャンデリアは保存し、新ビルに活用する検討を始めたそうだが、この天井部分があってこそのモザイク壁画とシャンデリアなのである。

拝啓 阪急百貨店・阪急電鉄殿、なんとかこの雰囲気をそのまま後世に残していただけませんでしょうか? 新百貨店にスペースが無いというなら、現阪急梅田駅のどこかに移築保存する事も、考えに入れて検討してほしいのです。 どうかよろしくお願いします。!
こんな願いもむなしく、モザイク壁画とシャンデリア一基の保存の為の取り外しは確認しましたが、その後は工事囲い塀に隠されてはっきり分かりませんが、全て解体されてしまったと思われます。
2009年9月3日、新ビルの南側部分が完成。
新ビルは9階建の百貨店部分の上に高層のオフィスビルが乗った構成となっており、1階壁面のアーチや横の線を強調したデザインは旧ビルの意匠を引き継いでいますが、壁の色合いも旧ビルと同じにして欲しかった・・・です。
これから、北側の古いビルを解体し、2011年の南北一体化した新ビルの完成を目指すそうですが、旧梅田駅待合所のシャンデリア(一基)とモザイク壁画が、どこに復活するのかを見守っていきたいと思います。
旧阪急ビルディング (2003.3.2撮影) 新装・阪急ビルディング (2009.9.4撮影)
2012年10月24日
2012年10月25日の第二期棟オープンに先駆けて、前日に特別招待会があり、伊藤忠太氏のモザイク壁画とシャンデリアの存在を確認するために出掛けました。
館内は大入り満員で、ごった返しており、レストランフロアーへの入場制限があったりしましたが、何とか12階にたどり着きました。ここからは4層吹き抜けの大空間を見下ろすことができます。
13階に上がり、大混雑のレストラン街をうろつきますが、なかなか見つかりません。店内案内図に「シャンデリア テーブル」という名前のレストランを見つけ、ひょっとしたら・・・と店頭まで行きますと、奥の方にあるシャンデリアとモザイク壁画がチラッと確認できました。レストランに入店すれば、じっくりと眺めることが出来るのでしょうが、入店待ちの人達ですごい行列ができていますので躊躇します。店頭で客をさばく兄ちゃんに、写真撮影を申し出ましたが、阪急側との話合いがまだ出来ていませんので、今のところ撮影禁止にしています・・・との事でした。残念ながら撮影は出来ませんでしたので、パンフレットやチラシに載っている写真を載せておきます。

撤去の際は、モザイク壁画とシャンデリア1基のみの保存と報道されていましたが、ご覧のようにシャンデリアは複数確認できますし、レトロな天井部分も復元されていることに驚きましたが、誰もが目に付く場所に復元されていないことが非常に残念に思われます。

メニューへ戻る