新世界の通天閣

明治36(1903)年 3月〜7月にかけて第5回内国勧業博覧会が開催されました。会場は現代の新世界・天王寺公園(美術館を含む)茶臼山・天王寺動物園にまたがる約95000坪の敷地に世界18ヶ国の展示館や沢山のパビリオンが建ち並んでいたそうである。
博覧会の終了後、跡地利用の第一弾として明治42(1909)年に天王寺公園が開園、残った敷地の一部に「ルナパーク」と称する都市型遊園構想が持ち上がり、その目玉として展望塔の建設が決定されました。
そして明治45(1912)年に建設された展望塔は東洋一の高さを誇り、天に通じる楼閣という意味合いで「通天閣」と名付けられ営業を開始しました。 
その通天閣を中心に芝居小屋や活動写真館が軒をつらね、飲食店も多数出店していて大変賑わったそうです。

さてその通天閣ですが、現在の物とは少し違い、パリの凱旋門とエッフェル塔に似せたものを組み合わせた高さ74m(64mとの説もあるが凱旋門部分を入れると74mになるのではないかと思う)の塔でした。
そして凱旋門?の 天井には彩色模様が描かれており、大正2(1913)年の第2期工事で屋上から正面の白塔との間を「はりがね渡し」と呼ばれる乗り物(現在のロープウエィ)が運行されるようになりました。。
大正4(1915)年:天王寺動物園開業

大正9(1920)年:ライオン本舗との契約が成立、側面にライオンの文字が入る。

大正12(1923)年 ルナパーク閉園

昭和18(1843)年:通天閣下の演芸場から出火、通天閣も被害を受け営業を停止。当時の鉄材供出で解体され、通天閣は無くなってしまう。

昭和20(1945)年:大阪大空襲で、新世界一帯は跡形もなく焼け落ちてしまいます。 
終戦後、新世界も復興し、映画館・劇場・遊技場などの娯楽場として発展すると共に地元の人達から「通天閣」の復活が望まれるようになりました。

昭和31(1956)年、13年振りに二代目通天閣が復活。高さ103mを誇るこの塔の設計者は内藤多仲・早稲田大学教授。この人は通天閣に遅れる事2年の後に完成した「東京タワー」の設計者でもあります。
 
一時期、新世界周辺はテレビに客を奪われた映画界の不振で衰退の時期がありましたが、平成8(1996)年にNHKの朝ドラ「ふたりっこ」で新世界の名が全国的に知れわたり、通天閣と共に再び活況を呈しています。  

現在の通天閣  撮影2008年6月10日
 
通天閣からの展望

手前が動物園・右奥が美術館

大阪の中心部方面
 
展望フロアーのビリケンさん。
このビリケン像は1908年にアメリカの女流作家により製作された。1910年頃に渡来して新世界・ルナパーク内の白塔内に祭られていました。一時不明となるも1980年に見つかり、その後は通天閣の展望フロアーに祭られています。

通天閣の所在地:大阪市浪速区恵美須東1-18-6 地図  問合わせ TEL:06-6641-9555
営業時間:10:00〜18:30 年始(1/1〜1/10)10:00〜20:00 夏季(7/21〜8/31)10:00〜20:30
(年中無休)
展望料金:大人:600円 大学生: 500円 中高生:400円 小人:300円

メニューへ戻る