ツタンカーメンのエンドウ豆・栽培記録

ツタンカーメンの王陵から発掘されたと云われている(真偽のほどは定かでない)エンドウ豆を手に入れました。
収穫したての豆は普通のエンドウ豆と同じ緑色ですが、米と一緒に炊飯器で炊き、保温状態にしておくと、豆とご飯がだんだんとが赤く染まって行き、12時間位で立派な赤飯が出来上がると聞きました。
本当にそうなるのか、豆の成長を見守りながら,収穫を待って確認したいと思います。
きれいな花も咲くそうですので、乞うご期待!
2002年11月16日

庭の片隅に種をまく? 豆をうめる。

2002年11月23日

気がつけば芽が出ていた。

2002年12月02日

順調に成長している。

2002年12月23日

一寸伸びすぎたのか皆倒れかかっている。

2003年2月22日

しばらく見なかったら蔓が伸びてきている、そろそろ支えを考えてやらなきゃ。

2003年3月1日

蔓植物用ネットをホームセンターで購入し、自己流で張ってみた。早く花が咲かないかなぁー。

2003年3月15日

しばらく寒い日が続いていたが、今日は少し暖かく感じる。豆の木も、蔓をネットに巻きつけ、元気に背を伸ばしはじめている。

2003年3月30日

かなり暖かくなったので、背丈が大分のびた。これからは気温の上昇と共にどんどん成長するでしょう。

2003年4月13日

しばらくお天気が悪くてうすら寒い日が続いていたが、今日は朝から暖かい。よく見るとつぼみが上がっているではないか。いよいよ花が咲くぞ!

2003年4月15日

あっという間に花が咲きました。結構きれいな花だ!

2003年4月19日

花の最後はこんな色に。

2003年4月22日

一寸油断をしていたら、さやがこんなに大きくなっていた。色は濃い紫色で、なすびの色に似ている。

2003年5月3日

順調に育っている。さやの厚みが増して、中の豆が大きくなってきたのが分かる。

2003年5月10日

どす黒いさやが沢山ぶらさがり、一寸不気味。

2003年5月18日

一回目の収穫。実が成熟すると色がうすくなり、部分的に緑色も見られる。

2003年5月25日

二回目の収穫後、皮むきをした。さやは不気味な色をしていたが、中の豆は普通のエンドウ豆と同じ色をしている。

2003年5月25日

早速、豆ご飯を炊くことにした。炊き上がった直後は、ほんのりと赤みがかっているが、これでは赤飯とは言えない。12時間も待っていては晩飯が遅くなるので、時間のゆるすかぎり保温状態でむらす事にする。

2003年5月25日

約8時間後、炊飯器のふたを開けてみた。なんと見事に赤飯が出来上がっているではないか。

2003年5月25日

と、いう訳で赤飯の完成祝いに赤飯をいただきました。味の方は普通の豆ご飯とほとんどかわりませんが、やはり普通のエンドウ豆ご飯の方がうまい様です。(一寸した不気味さが味に影響しているかもしれないが)

以上でレポートを終わります。長い間おつきあいいただき、有難うございました。

メニューへ戻る