江戸時代にタイムスリップ
妻籠宿(つまごじゅく)

江戸と京を結ぶ中山道は、山深い木曽路を通ることから木曽街道ともよばれていました。中山道六十九次のうち江戸から数えて四十二番目となる妻籠宿は交通の要所として古くからにぎわいをみせていました。
時代がかわり明治になると鉄道や道路が新たに作られ宿場としての機能を失った妻籠宿は衰退の一途をたどりました。
やがて昭和になり経済成長の中、江戸時代の宿場の姿を色濃く残している町並みが見直され、ここに全国に先駆けて保存運動が起こりました。妻籠の人達は町並みを守るために家や土地を「売らない・貸さない・壊さない」という3原則をつくり、ここで生活しながら、江戸時代の町並みという貴重な財産を後世に伝えられています。
高札場(こうさつば)

今日でいう「官報掲示板」で、江戸時代の姿を復元したもの。幕府が庶民に対し、禁制や法度等を示したもの。お上のご威光そのままに、人々を見下ろすように高札が揚げられています。
鯉岩(こいいわ)

中山道三名石の一つだったそうですが、明治24年の美濃大地震で胴体部分が崩れ落ち、形が変わってしまったそうです。
←熊谷家(くまがやけ)住宅

19世紀初頭に建てられた長屋の一部。左右の建物が取り壊されて建て替えられたことから、左右の半分ずつが一軒の家として使用されてきたそうです。(町文化財)
妻籠宿本陣(つまごじゅくほんじん)

宿駅が制定されると妻籠宿本陣には島崎氏が任命され、明治に至るまで本陣、庄屋を兼ね勤めました。島崎藤村の母の生家だそうで、平成7年4月に復元され、現在は南木曽町博物館として公開されています。(有料)
妻籠郵便局(つまごゆうびんきょく)

ここでは、郵便局までが古風な造りになっていて、中は郵便史料館にもなっています。
また、妻籠郵便局から出した郵送物には妻籠郵便局オリジナルの消印が押されるそうです。
枡形(ますがた)

宿場は、幕府により防塞施設としてもつくられており、敵の侵入をはばむために道を直角に折り曲げて、いわゆる「枡形」を設けています。
延命地蔵(えんめいじぞう)

文化10年、光徳寺住職・中外和尚が、地蔵尊像の浮かび上がっている岩を蘭川から運んできて安置したものだそうです。
寺下の町並み(てらしたのまちなみ)

そこに人が住み、生活しながらつづけられてきたのが、妻籠宿の保存運動です。最初に保存運動が行われた寺下地区は妻籠宿の原点ともいうべき町並みです。家並みは素朴で繊細であり、昔の旅籠そのままに出梁(だしばり)造りや竪繁格子(たてしげごうし)の家々が並びます。家屋の細かいところに目をやれば、いたる所に工夫が施されていて、それらはあくまでもさりげなく、そのままに残されています。
上嵯峨屋(かみさがや)

この建物は昭和44年の解体復元によって、18世紀中期の木賃宿であることが判明。建築当初の形式をよくとどめた庶民の旅籠としての雰囲気がうかがえる。(町指定有形文化財)
←えびや(甘味処)

現在も、みやげ店・写真館・酒店・たばこ屋・食料品店・飲食店などが、昔の姿そのままで営業されています。
               撮影 2007年2月13日
メニューに戻る