万博公園:月の世界の謎

平和のバラ園の最上段に、大きなサッカーボールのような物体が置かれています。これはアメリカ国籍の日系人”イサム・ノグチ”氏が、1970年の日本万国博覧会のために制作した「月の世界」という作品で、現在は万国博覧会のモニュメントとして展示されています。
この「月の世界」は、万国博覧会跡地が万博公園として整備された時からここにあった訳ではありません。バラ園の南側に接して国立国際美術館(万国博当時は万国博美術館)がそびえ建ち、南方向の景観(お祭り広場や太陽の塔)が望めない実に景観の悪いバラ園だったのです。その美術館が2004年に閉鎖・解体され、その跡地が日本庭園前駐車場として整備されました。その時にバラ園の最上部の一部を凸状に駐車場側に出っ張らせ、広くなった空間に円形花壇と共に「月の世界」が登場したのです。
解説板によりますと、万博開催時は「天の池」の中にあり噴水の一部となっていた・・・・との事。

しかし、「天の池」という記述に疑問が涌きました。私がこの公園の近くに30年前位に引越してきた時には「月の世界」は「夢の池」にあったからです。
これは最近、新しく色を塗りなおされた「夢の池」の旧噴水塔のモニュメントで、これらがすべて”イサム・ノグチ”氏の作品だそうすが、私の記憶では、右端の水色の塔の上に、あの「月の世界」がのっていました。同じ制作者の作品ですので、別に違和感はなく、万国博覧会当時からここにあったものと信じ込んでいました。
万博公園側の「夢の池」整備工事の解説板に万博開催当時の「夢の池」の写真が貼られており、丸いボール状の物体が見えましたので、そらみろ「月の世界」は「夢の池」にあったんだ・・・・と思いましたが、よく見ると球面にへこみはありませんし、上に「リコー館」と書かれていますのでパビリオンと判明しました。そして青い噴水塔(左の写真中央D彗星)のてっぺんには何ものっていません。よって「月の世界」は万博開催時には夢の池には無かったという事が分かりました。
しかし、では「天の池」はどこにあったのか・・・・・他の何処かにあり違う名で呼ばれているのか・・・・、以前は存在したが今はもう無いのか・・・・、などの疑問を抱くようになりました。先日その疑問を解消するべく、近所の図書館に出掛けて当時の資料を調べてみました。日本万国博博覧会・公式記録写真集を閲覧してみましたが、パビリオンの写真などは沢山出てくるのですが、「夢の池」とか「天の池」などは中々見つかりません。二度三度と繰り返しページをめくっていると、一寸気になる写真が見つかりました。
タイトルは「水上ステージ」と記されていましたが、これが「天の池」と呼ばれていた池かもしれません。右上にお祭り広場の大屋根が見え、左の建物は万国博美術館と思いますが、奥の方に青い噴水塔が見えます。その手前の水面に噴水に打たれる半円球状の物体が見えます。ひょっとすると・・・と思いましたが、写真が小さすぎてよく分かりませんので、持参のデジカメで接写してみました。
印刷物のドットが目障りですが、うしろが「夢の池」で今も残る噴水群が見て取れます。通路をはさんで手前の池の水面に凹が多数ある物体から噴水が出ているのか、逆に噴水に打たれているのか分かりませんが、遂に万国博覧会開催時の「月の世界」を発見しました! 
左の地図で説明すると、「天の池」は「夢の池」の左側、お祭り広場と日本庭園前駐車場(旧万国博美術館)の間にあり、水上ステージ上のショーを、お祭り広場から見ることができた。その池の噴水の一部として「月の世界」があったようです。
そして博覧会期終了後に池が埋め立てられ、「月の世界」は「夢の池」の噴水塔に乗せられた。2004年に美術館が撤退し跡地を駐車場とした時に、バラ園の最上部を広げ、殺風景なのであの位置にバラ花壇を造り、真中に「月の世界」を移動させた・・・・という経緯だと思われます。これで長い間の疑問が解けスッとしました。


万博公園:月の世界


メニューに戻る