城跡探訪・塚口城

2014年9月13日

本日は塚口城跡を訪れてみました。

阪急・塚口駅の北出口から出発します。最初の予定では城跡の南側から入城?するつもりでしたが、一寸道に迷い線路脇に出たので阪急・神戸線の線路だと思い東進しているつもりでしたが、横を走る電車の行き先が伊丹となっており、伊丹線横を北進している事に気付き、西側からの入城?することにしました。
適当な所で踏切りを渡り城域に入りましたが、自分の居る位置が分かりません。北側に茂る樹木を見つけて行ってみますと小さな公園があり、「西の口公園」と刻まれた石碑がたっています。という事は、この辺りが城の西口だったと分かり、持参の地図上に載る「西の口公園」と重ね合わせて、やっと自分の居場所が確認できました。
 
ここで「塚口城」について「日本城郭大系/第12巻/大阪・兵庫編・新人物往来社・昭和56(1981)年発行」で紹介されている解説文を抜粋して以下に記します。
塚口城は「塚口寺内」ともいわれるように、この地は最初、寺内町として発展した。応仁の乱の時、塚口御坊を中心に一揆衆が立て籠もり、寺内の周囲に土塁と環濠をめぐらせ、一つの防衛施設を形成させた。これが「城」としての機能を有するようになった始まりである。
そして天正年間(1573〜92年)に、この施設を武将が軍事目的にのみ利用した期間があったため、現在ではこの遺構を一般的に「塚口城」とよんでいる。
塚口御坊が約200m四方の土塁および水堀をめぐらしたのは、いつ頃であるかかわ明らかではないが、天正6(1587)年10月21日、荒木村重が織田信長に背き、有岡城に籠もった時、塚口寺内を有岡城の出城に使ったと「尼崎市史」記されている。しかし、村重軍はすぐに塚口城を引き揚げ、代わって信長側の有岡攻城軍がここに駐屯した。両軍の戦いの末、天正7年12月13日に有岡城が落城し、塚口城は軍事目的からは廃される。
塚口城の総構えは「尼崎市史」によると、南北216m・東西261mで、城門は4ヶ所にあり、それぞれ北町門・東町門・清水町門・南町門とよばれていた。城門付近の土塁は脚幅9m、高さ4.5mであり、他より一段と大きく、櫓台が設けられていたものと思われる。
明和3(1766)年頃から、村総囲いの土塁が崩壊して屋敷に流れ込むようになり、土塁の撤去が開始された。現在、城跡は住宅街となって、ほとんど遺構がみられなくなっている、ただ、城跡北部と東部の水堀の一部と3ヶ所の門跡(北町門・東町門・清水門)付近の土塁だけが、往時の名残をとどめている。
下図は同解説文に添付されていた地図ですが、左上部に「西乃口公園」の文字が確認できます。
すぐ近くに「北町門」の記述がありますので、そちらに向かいます。
北町門跡の祠(ほこら)(塚口本町2-7) 祠の後ろには土塁の名残が・・・
塚口御坊の跡地に建つ正玄寺(塚口本町1-12) 軒丸瓦の文様が美しい
清水町門跡の祠(塚口本町2-23) ↓
← 「これより南 尼崎領」の石碑が近くに立つ
東町門跡の祠(塚口本町1-31)

青空をバックに大木と祠がシルエットで浮かぶ →
東町門跡の近くでは今も残る堀跡が数多く見られます。(塚口本町1-31)など
南町門跡の祠(塚口本町1-18)
← 帰りがけに歩いた阪急・神戸線の南側にも、塚口城の堀跡らしき水路が延々と続きます。


塚口城跡

 所在地:兵庫県尼崎市塚口町本町1&2

 交通:阪急電鉄・神戸線/伊丹線
     塚口駅下車 徒歩
塚口城跡跡近辺・現在の地図
メニューに戻る