吹田市:津雲配水場のツツジ

  吹田市津雲台にある配水場のツツジが一般公開されている事を知り出掛けました。
千里ニュータウン内にある配水場の入口に近付くと、色とりどりのツツジが目に留まります。
 
  この配水場は昭和39(1964)年に操業を開始したそうで、その時に植えられたヒラドツツジが約1000本あります。
平成17年に一般公開を始めてから今年で4年目を迎えたそうで、公開日はツツジの開花に合わせて決められるようです。
  このツツジの向こう側が貯水池となっているようですが、池の上は閉ざされていて、この階段を上った所は芝生広場となっています。
  その芝生広場の高台からは箕面・千里中央方向の景観が開け、木々の間からは万博記念公園の「太陽の塔」も望めます。 
 
芝生広場の一角にあるツツジは下の通路まで続いています。
 
2008年の一般公開は5月1日〜5月5日迄でした。

堺市の浅香山浄水場のツツジなどとは比べ物にはなりませんが、地元の人達の憩いの場として今後とも一般公開が続けられるものと思います。 



     撮影 2008年5月4日
 
津雲配水場
所在地:大阪府吹田市津雲台4丁目5−3 地図 
一般公開期間:毎年5月の連休頃  入場無料    禁煙  ペット禁止
交通:大阪モノレール・阪急電鉄「山田駅」から約1km
    阪急電鉄「南千里駅」から約1.5km  駐車場はありません
    
メニューに戻る