地下に眠る豊臣大坂城の石垣

慶長20(元和元 1615)年に起きた大坂夏の陣で豊臣家を滅ぼし、大坂城を落城させた徳川幕府は、4年後の元和5(1619)年に大坂を幕府直轄としました。時の将軍徳川秀忠は同時に大坂城を根本から築き直すことを決め、翌元和6(1620)年に工事が開始されました。秀忠は大坂城を再建するにあたり、豊臣大坂城の遺構が少しでも目に留まることを嫌い、新たに背の高い石垣を築き大量の盛り土した上に、縄張を変更するなどして、徳川大坂城を築きました。よって、現在大坂城址で見ることができる遺構や二重の堀、石垣は、全て江戸時代の徳川大坂城のものである。
2011年11月16日

大阪城乾櫓の特別公開に訪れた際、天守閣のそばで何やら大勢の人だかりです。
近付いてみると、上部に鉄製の格子を乗せた大きな井戸のような物があり、そこを取り囲んで皆さん格子の隙間から下を覗き込んでおられます。
昭和34(1959)年、大阪市などが行ったボーリング調査で、石垣と考えられる花崗岩が確認され、その地点を中心に3m四方の範囲を掘り下げる調査が行われました。その結果、地下7.5mの位置で上端に粘土がはられ、上面は火災によって黒ずんだと思われる高さ2.3m以上もある石垣が見つかったそうです。その石垣をこの隙間から見ることが出来るのです。(普段は天板で覆われ見ることは出来ません・公開日は不定期)
私も覗いてみましたが、薄暗い7.5m先の様子はあまりはっきりしません。持参のカメラを望遠にして何度かトライしたなかで、手振れの少ないのが一枚ありましたので、下に紹介します。
豊臣大坂城の石垣の一部
見つかった石垣の石は、現在の大阪城の石垣と比べると、小ぶりの自然石が用いられており、石の積み方も「野面積」といわれる古いものでしたが、当時は秀吉の城の石垣と断定する根拠がありませんでした。
ところがその翌年、偶然にも豊臣氏の大坂城本丸図が東京で発見され、その詳細な検討から、この石垣が豊臣大坂城本丸の石垣と考えられるようになったそうです。
そして昭和59(1984)年、「金蔵」の東側で新たな地下石垣が発見されました。石垣の上部は地表下1.1mという浅いところにあり、石垣の高さは約7mあり、石垣が築かれた地面の高さは、昭和34年に発見された石垣上線の高さとほぼ同じで石垣が築かれた地面が中ノ段帯曲輪、上端の地面が「詰ノ丸」であることが明らかになる。
この二つの地下石垣の発見によって豊臣期の大坂城が、現在も良好な状態で残されていることが判明したそうです。
ところで豊臣期の大坂城ってどんな姿だったのでしょうか。そんな疑問を解決出来るところがある・・とのことを耳にして、特別公開中の「旧第四師団司令庁舎」に向かいます。
大阪城天守閣に隣接して、いかめしい姿を見せる茶褐色の建物、これが旧第四師団司令庁舎です。この建物が完成したのは昭和6(1931)年3月で、この年の6月に天守閣も復興されましたが、天守閣の横に洋館建物はどうも不釣合いな感じがします。どうせなら御殿風の造りにして欲しかったです。
内部は、正面玄関の先に大階段があり、中央に南北一直線の廊下が走り、それに沿って南西両脇には、かってエレベータが各一基備えられていたそうです。
司令部庁舎は戦後約3年間進駐軍に接収され、解除後は大阪市警視庁や大阪府警が庁舎として利用された。その後の昭和35(1960)年からは40年もの間、大阪市立博物館として使用されていました。
大階段 階段ホールのステンドグラス
2階に上がったところに師団司令部時代の貴賓室があり、豪華な天井装飾や照明器具などに目を奪われましたが、この部屋の壁に豊臣期の大坂城の絵が展示されていました。下は「大坂夏の陣図屏風」に描かれている大坂城ですが、一部分を抜き出して描き直した新しい絵(写真?)かと思われますが・・・
元絵の写真も展示されていました。 こちらが現在の天守閣
両方の天守閣を比べると豊臣天守閣はスマートですが、現在の天守閣は「ずんぐり」しています。これは元々豊臣天守閣は建築面積が小さくてほっそりとした城であり、徳川天守閣は、かなり大面積の城だったとの事。両天守閣は違う場所に建っていましたが、大阪城復興の際に「大坂夏の陣図屏風」に描かれた豊臣天守閣をモデルとしたものの、広い徳川天守閣の跡地に建てるために基盤部を広げた設計となり「ずんぐり」とした城になってしまったようです。城の壁は元の黒色が白に変えられていますが、個人的には城の壁は白い方が好みです。
豊臣大坂城の石垣
旧第四師団司令庁舎
所在地 大阪市中央区大阪城1番1号
公開日 不定期ですが、 は同時に公開されているようです。

メニューへ戻る