奈良:唐招提寺の萩

2012年9月22日

近畿日本鉄道橿原線の「西ノ京」駅に降り立ちました。
ここから徒歩約10分程の所にある「唐招提寺」の萩の花を見るためである。
駅前の一寸した広場に植えられた萩の花が、けっこう綺麗に咲いていますので、寺の萩の咲き具合に期待が膨らみます。
約10分弱で唐招提寺・南大門前に到着です。

唐招提寺(とうしょうだいじ)は天平宝字3(759)年、唐の高僧・鑑真大和上(がんじんだいわじょう)によって創建されました。
鑑真大和上は聖武天皇の願いに応えて来朝を決意され、5度の失敗にも屈することなく来日してわが国に戒律を伝え、大和上の称号を賜る。その後、戒律を学ぶ道場として当寺が創立され、以来千二百五十年、律宗総本山として法灯を今に伝える。金堂は代表的な天平建築とのこと。
金堂(国宝)
金堂前西側の萩 金堂前東側の萩
少しピークは過ぎた感じです ヒガンバナも咲く
中興堂の門前 御影堂の南側通路
本坊の南側通路 鑑真和上御廟内の苔庭
萩と鐘楼
寺院内のあちらこちらで萩の花に出会えます
宝蔵横 石塔と萩
新宝蔵への通路
モミジも少し色付いてきました 奥の南大門をくぐって帰途につきました
唐招提寺
所在地 奈良市五条町13-46
TEL 0742-33-7900
拝観時間 08:00〜17:00(受付は16:30まで)
拝観料金 大人600円 高校生・中学生400円
小学生200円
交通 近鉄橿原線・西ノ京駅徒歩約10分
駐車場 有・乗用車500円

メニューに戻る