ファンタスティックトリックアート2013

2013年4月26日に開業した「グランフロント大阪」は、五月の連休に入ってからも、連日大勢の人達が押しかけ、かなりの混雑となっているそうですが、それに比べ新装2週年目を迎えた大阪駅の時の広場への階段は、ひっそりとしています。よく見ると階段のステップに何か絵が描かれています、手前の床面に「ここから」とのポイント表示が張られていて、そこから眺めるとSLであることが分かります。
さらにそこには、「大階段を上がると壮大なトリックアートが!!」と記されています。どんなものがあるのかと、隣りのエスカレーターで、「時空の広場」へと上がってみました。
床面に何か描かれていますがトリックがあるような絵には見えません
手前の鳩などは、自然な感じで描かれていますが奥の方に進むにしたがって、やたら細長い鳩になっています。そこで気が付いたのは、後ろの上方から見ろ・・・といういう事かと思い、手前にあるエスカレーターで、7階の「三越伊勢丹」と「ルクア」を結ぶ展望フロアーに上がってみました。
上から眺めると、確かに奥の鳩などは正常に見えますし、何となく深みが感じられるようで、時の広場の床を掘り下げて造られたレンガ造りの車庫にSLが停まっているように見えます。しかし人物が写っていると何か違和感があり、もう一つスッキリしません。

そこで人通りが途絶えるのを待ちますが、なかなかチャンスが訪れません。

大阪駅で人が一人も写っていない写真などを撮るというのが無理な注文・・・とあきらめて、宙に浮いた感じのご婦人が一人写っていますが、これで良しとしたのが下の画像です。
左奥のベンチに座っている人は、「よくあんな所で足を伸ばせるな・・・」と思えるし、その奥の人は、つま先でレンガ塀の上に立っているように見えます。左手前の「じゅうたん」は「空とぶじゅうたん」を表しているそうで、この上に乗って記念写真を・・・・と、JR西日本さんはPRされています。
大きい画像(1280×853)はこちら
ファンタスティックトリックアート2013
所在地 大阪駅舎5F・時空の広場
期間 2013年4月27日(土)〜6月9日(日)
時間 08:00〜23:30

メニューに戻る