城跡探訪・刀根山城

2015年7月23日

 大阪モノレール・柴原駅に降り立ちました。
この辺りにあるという「刀根山城跡」を探すためです。小雨が降るなか、大阪空港方面に向って歩を進めます。
 少し進んだ所で・・・・
 道路に設けられたマンホールのワニの絵柄が気になりました。ここは豊中市ですが、ワニと、どういう関係があるのだろう?

 少し先の「大阪大学・豊中キャンパス」の入口に答えが掲示されていました。
 これは、大阪大学理学部校舎用地の更新世(30〜50万年前頃)の地層からワニの化石が発見され、市政施行50周年の昭和61(1986)年に、豊中市のシンボルキャラクター「マチカネくん」として登用されたものだそうです。
さて肝心の城跡ですが、この中国自動車道と中央環状線を越えた向こう側にあるようで、この長い陸橋を渡らないと行けないようです。もちろん、エスカレータなどありませんので階段を上り、下を走る車を見ながら対岸に辿りつきます。
モノレール・柴原駅を望むこの辺りは、かなりの高台であり、城としては、うってつけの場所だったと思われます。
陸橋から少し先に、こんな祠がありました。

首無し地蔵

 民話の地蔵である。追いはぎをした者が旅人をころした、それを地蔵にみられ、喋ったら困るというので池に首を投げ込んだ。のちにばれて白状したので、池から首を拾ってきてつないだという。

祠の中をのぞいて見ると、首の辺りに白い布が巻かれた地蔵さんが祀られていました。
常楽寺・山門?
刀根山城跡であるという「常楽寺」は、すぐに見つかりました。寺といえば日本瓦葺・木造の建物かと思いきや、なんと「鉄筋コンクリート」造りの本堂で、鐘楼は最上階に設置されているという、風変わりなお寺となっています。
城跡であったという証しを探しますが、境内を見回しましたが、それらしき物が見つかりません。

これらの石碑に「城」の文字は、ありませんでした。
あれ!困った!どうしよう!

と思いながら山門?の方に戻っていくと、寺に入る時に気が付きませんでしたが、入口のすぐ横に何か形が変わった石碑がありました。
刀根山御坊由緒 本願寺第三世覚如法王の嫡男在覚上人が貞治二年に摂津の国豊島之庄(石橋)に創立し、当時は門前に下馬札が立てられ、本堂屋根には菊の御紋章があり、大名といえども素通りが出来なかったと言われた。当境内地は、約六百年以前織田信長が築いた刀根山城跡である。・・・と記されています。
寺の付近を歩いてみると、こんな所が見つかりました。

有形文化財(建造物)・浅田藩陣屋門 ↓
札場跡 →

幕府や領主が決めた法度(はっと)や掟書(おきてがき)などを木の板札に書き、人目にひくように掲げておく場所。
刀根山城跡
所在地 大阪府豊中市刀根山元町9-21
交通 大阪モノレール・柴原駅から
徒歩約5分
見学 自由
メニューに戻る