探訪!友ヶ島軍事要塞跡

メニューに戻る

序章
あれは42年半前の1963年11月22日の事でした。当時、大阪の某民放局ラジオ技術局員であった私は、先輩のD氏と一緒に友ヶ島に向かいます。翌23日に「勤労感謝の日特集」で、友ヶ島灯台より灯台守さんの苦労話を生中継するスタッフの一員として派遣されていたのでした。
その日は友ヶ島の旅館で一泊して、翌朝、旅館のおじさんに、当時この島に一台しかなかった車「ミゼット」に機材をのせ、灯台まで運んでいただきました。そして灯台の上まで機材を上げ、無線機のセットがおわり、本社を呼び出すと「アメリカのケネディ大統領が暗殺され、特番を組むから灯台からの中継は中止」との連絡が入りました。
すぐに帰るにも船が出る時間まで待たなくてはいけません。そんな時、旅館のおじさんに「ミゼット」で島内を案内していただけることになりました。我々はミゼットの荷台に乗っかり、島内観光へと向かいます。途中、山中で赤レンガ造りの建造物がいくつか目に入り、不思議に思いましたが、おじさんの説明によると「明治政府は摂海防備のため明治中頃から、この島に次々と砲台の建設を開始し、第二次世界大戦の終了時まで軍事要塞として機能していた」とのこと。
ケネディ事件がなければ、仕事が終わるとすぐに船に乗って帰社しなけれならず、要塞の事など何も知らずに一生を終えたかも知れません。
あの赤レンガ造りの要塞をもう一度じっくり見てみたい、又思い出の灯台にも行ってみたいと常々思っていましたが、この度「和歌山レトロ(建物)」を開始するにあたり行動を起こしました。
友ヶ島というのは和歌県加太と兵庫県淡路島の間にある、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島、4つの島の総称であり、多数の軍事要塞跡が残るのは沖ノ島であり、虎島にも一ヶ所存在するそうです。
2006年5月22日(月)

南海電鉄・加太駅を降り、加太港に向かいます港が見えてきた時点で、この船が目に止まりました。しかし、海岸線を行くルートと橋を渡るルートがあり、どりらから行けば良いのか分からない。とにかく橋を渡ったが、岸壁に下りるルートが分かりにくい。もっと大きな矢印看板でも立てて、分かりやすくして欲しいものだ。
昔はゆったりとした船旅が味わえたのに、現在の高速艇は早いです。約20分で沖ノ島・野奈浦桟橋に到着です。
中央の赤屋根の建物が友ヶ島案内センターとなっていましたので、ここで島の観光地図をもらっていよいよ出発です。
次に