探訪!友ヶ島軍事要塞跡

第1砲台跡
←友ヶ島灯台

42年半ぶりの対面である。あの上の扉を開けてもらって前の鉄格子にアンテナをしばり付けたっけ・・・と、昔の事が懐かしく思い出される。

しばらく一人で感傷に浸っていたが、急にどやどやと中学生と思われる一団がやってきた。

我にかえり、第1砲台跡を探す。
灯台の南側は樹木で覆われて、以前訪れた時には全然気付かなかったが、良く見ると足元にこんな光景が広がっていた。急な階段を下りてみることにするが、例の中学生達はこの建造物の存在に気付かないのか、あるいわ興味がないのかして、誰れ一人として見向きもしない。
階段を下りたところにあるトンネルの中は、倉庫のようである。
右手奥にもトンネルがあったが、下に水溜りが出来ていたのと、先は真っ暗で不気味なため、進入は取りやめたが、おそらく砲座に続く通路ではないかと思う。
後ろを振り返ると、前方が明るいトンネルがあったので鉄格子のあるところまで行ってみた。
格子の奥、左側にはこんな光景があった。
4本の煙突状のものが何か分からないが、部隊が生活する場であったような気がする。
再び地上に上がり、灯台の海側を探索すると、地面より一段低い円形の凹みが見つかりました。おそらくこれが砲座跡かと思われます。



         第1砲台跡・終
序章 地図 第2砲台跡 第3砲台跡 第4砲台跡 第5砲台跡 海軍聴音所跡 最終章 

メニューに戻る