「鳥羽の藤」の通り抜け2015

京都市上下水道局・鳥羽水環境保全センターにて「藤の通り抜け」が始まったとの情報を得て、JR京都駅までやってきました。駅から直通バスがあるそうですが、のりばが「八条口」というだけで、どこが乗り場か分かりません。探し回った末に見つけた所は、駅前の道路を渡った所に建つ、このビル(ホテル ibis]の前に臨時バスの乗り場がありました。
バスに乗り込もうとすると、係りの人から「バス利用補助券」なるものを手渡されました。到着先でこの券を渡すとバス代が100円でOKと記されています。ちなみに、この券が無いとバス代は230円とのことです。

臨時直通バスに揺られて約20分程で「水環境保全センター」に到着します。
藤棚までの道を歩きますが、道中の左側に「せせらぎ広場」と記された看板を見付けました。この「せせらぎ」の広場を通っても藤棚に行くことができますので、この緑いっぱいの道を行くと、途中できれいな「ツツジ」などに出会いましたし、小さな藤棚もありました。
藤の花は白と、色の薄い紫のようでした。
その先には日本庭園風の所もある。 「せせらぎ広場」を出た所には「白藤」が・・・
そして、いよいよ120メートルの藤棚への入口に到着しましたが、大勢の人々で混雑しています。

奥の方には、少しですが「藤棚」が見えています。期待に胸を膨らませて「案内所」前を通過しますと・・・
なんと、藤と芝桜の共演ではないか!
芝桜がきれいです。
藤の花も負けていません。
一部、藤棚を斜めに配した所があります。
斜めの藤棚を中から・・・・
下の方で咲く藤は手に取るように観賞できます。
そして、ここが120メートルの藤棚の終端部です。
他にも藤棚あります→の標識に沿って進むと、そこは藤棚の休憩所でした。
藤棚の下に設けられたベンチで休憩や食事(酒類はダメ)をする人達でいっぱいです。
コーナー部の藤のUP
藤以外にも、ツツジなどが咲いています。
「鳥羽の藤」の通り抜け
開催日 2015年4月25日(土)〜4月28日(火)
入場 無料 (普段は立入り禁止)
時間 10:00〜16:00(入場は15:30迄)
所在地 京都市南区上鳥羽塔ノ森梅ノ木1
交通 竹田駅西口 JR京都駅八条口より
直通バスあり
駐車場 鳥羽水環境保全センター北側に無料駐車場あり。駐車場から会場へはシャトルバス運行
メニューに戻る