再現!岡本太郎作品「地底の太陽

大阪府吹田市にある万博記念公園の中央口のすぐ前に立つ太陽の塔。この塔の高さは70mで基底部の直径が20もあるでかい建造物である。上部の黄金の顔が未来を、正面胴体部の顔が現在を表し、そして背面に描かれた黒い顔が過去を表しているそうです。
この黒い太陽と緑のコロナはペンキ類で塗られているものだと思っていましたが、UPで撮ってみるとタイルで構成されていることが分かる。正面の赤いコロナ?もモザイクタイルで構成されています。
太陽の塔の顔はこの3つだけだと思っていましたが、1970年の万国博覧会開催時には、この塔の地下展示室に「地底の太陽」という第4の顔があったそうです。これも岡本太郎氏の作品で、人類の「いのり」や心の根源を表していたそうですが、博覧会終了後、寄贈先で行方がわからなくなり、現在も所在が不明とのことです。そこで、万博公園内の施設「EXPO’70パビリオン」の運営団体が、当時の写真をもとに「地底の太陽」を復元し、同パビリオン内で公開中とのことで訪れてみました。

岡本太郎 地底の太陽展

 一般公開期間:2011年8月27日(土)~10月10日迄{水曜休館・ただし10月5日(水)は開館}
     入館料:大人(高校生以上)500円(通常入館料含む)中学生以下無料
           (ただし、別途自然文化園入園料大人250円、小中学生70円が必要)
 
「EXPO’70パビリオン」は桜並木で知られる東大路の東南端にあります。

受付で写真撮影の是非を伺ったところ、撮影は自由ですが三脚とフラッシュの使用は禁止との事で、暗いところでの手振れが気がかりです。



特設会場は下図のようになっています。
入口を入ると岡本太郎氏のアトリエが再現されていて、「芸術は爆発だ~~」と言わんばかりの氏のマネキンと小さな太陽の塔が両腕を広げて出迎えてくれます。ここには氏の独特な絵画や、太陽の塔のデッサンなども見られます。
次は、太陽の塔内にあった「生命の樹」のコーナーで、実際の1/20の模型が展示されています。これは下方の原始生物の誕生から上方の人類出現までの動物の進化を表したもので、当時は木の枝上で一部の動物達が動めいていたそうです。下図は当時の人の流れを矢印で示したもので、地下からこの木を見ながら4基のエスカレータで上り、塔の翼の内側にも設けられていたエスカレーターで大屋根上に設けられた展示コーナーに出たそうです。
↑ 生命の樹木の模型 ↑ 実物も展示されています
続いて黒幕で囲われた「いのりの空間」に入ると、そこには再現された第4の顔「地底の太陽」が両横に長いコロナを伴って立っています。一枚撮ってみましたが特に天井が暗くて居並ぶ仮面などは全く写りません、露光時間を長くすると手振れでボケボケです。困ったなあ~~と思っている時に天の助けです。どこかのTV局が撮影にやってきました。彼らは照明機器を携行していて、撮影ポイントをライトで照らしながら撮影していきますので、それに便乗して横から写真を撮らせてもらいました。
↑ 蛍光仮面? ↑ 土偶
そして、これが再現された「地底の太陽」です。
 
ところで、本物の「地底の太陽」はどうなったのかと思い、ネットで検索してみると次のような記述が見つかりました。「地底の太陽」は、兵庫県が新しく建設する予定であった美術館に設置する、とのことで譲り受けた。しかし、その美術館の建設がぽしゃってしまい、行き場を失った「地底の太陽」は、放置されたままになっていた。その後、どこかの廃材置き場のような所で、そのような物を見たという人が書いた絵には、ブルーシートからはみ出た「地底の太陽」が野ざらしで横たわっている様が描かれていた。おそらく、廃材として処分され、県内のどこかの埋立地に埋められたのではないかと思われる・・・・等々です。(真偽のほどは定かでありません)
 
再現!岡本太郎の「地底の太陽」 終

メニューに戻る