チンチン電車で行く堺

大阪市内の交通は明治36(1903)年に花園橋−築港桟橋間に路面電車が開通して始まりました。
戦後、大阪市内には網の目のように路線が張り巡らされていきました。その当時は運転席横に設けられた小さな鐘を、一番後ろの車掌室からロ−プで引っ張り揺することでチンチンと云う音が出て、それを合図に電車が出発していました。

一時は市内交通の主役として活躍していた市電でしたが、その後の自動車の増加に伴ない、昭和44(1969)年に地下鉄にその役目をゆずり、全線が廃止されてしまいました。
それを最後に大阪から路面電車が無くなったと思いきや、阪堺電気鉄道が今でも大阪市内の恵比寿町と天王寺駅前から堺市の浜寺駅前まで路面電車を走らせています。
現在はワンマンカーとなり、チンチンと言う音は出さなくなりましたが、今でもチンチン電車と呼ばれて、大阪・堺市民の足として活躍しています。
そんな電車にゆられて堺市まで行って見ようと思い立ち、JR環状線・新今宮駅の東口を出て駅舎の裏側に回り込むと、阪堺電鉄「霞町」駅があり、ここで電車の到着を待ちます。

ほどなく電車が到着して乗り込みましたが、
まだ、お客さんはあまり乗って居られません。
しかし、途中からけっこう乗り降りする人が増えてきます。
電車は住吉大社の横を進みます。
「我孫子道」駅をすぎ、大和川を越えると堺市です。料金は大阪・堺市とも市内間は200円ですが、大和川を越える290円となります。
堺市内に入ると急に道幅が広くなり、道路の真ん中を路面電車が走ります。
交差点は自動車や人と共用ですが、それ以外は生垣などで仕切りをして自動車などが進入出来ないようにしてありますので、意外と快適に走ります。

大和川を越えてから10個目の駅「御陵前」で降り南宗寺へと向かいます。
           南宗寺

弘治3(1557)年建立の臨済宗大徳寺派の寺院。大坂夏の陣で焼失、沢庵和尚よって現在の所に再建された。

山門(甘露門)、仏殿、唐門はいずれも17世紀中頃の建築物で国の重要文化財。仏殿の天井に描かれた墨絵「八方睨龍」(狩野外記信政・筆)はどこから見ても睨まれているように見えます。境内には国の名勝となっている枯山水の庭、千利休ごのみの茶室『実相庵」、千家一門の供養塔など見所たくさんあります。また、徳川家康が後藤又兵衛の刃に倒れ祀られたという伝説もあり、それを裏付けるかのように、境内には家康の墓、瓦には葵の紋が見られます。

拝観料 大人400円 中人300円 小人200円

                  八方睨龍→
船待神社

学問の神様で親しまれる菅原道真(845〜903年)ゆかりの神社。無実で流罪を言い渡された道真が、九州大宰府に向かう途中に祠で船を待ち、松や榎の株を植えて立ち去ったという故事が伝わる。その後、道真の子孫がこの地を訪れて旧跡を道真合祀の船待天神社と改称したという。見学自由。
堺市堺区西湊町界隈は奇跡的に戦火を免れた数少ない旧市街地である。紀州街道を中心に江戸時代からの木造住宅が数多く残る古い町並みは独特な下町情緒を醸し出しています。江戸時代には参勤交代の大名行列もこの街道を通っていきました。
←旧堺湊郵便局舎

昭和8(1933)年に建築された木造二階建ての郵便局舎。昭和50(1975)年ごろ新局舎の完成に伴い郵便局舎としての役割を終えた。一時、数学教室として使用されていたが、現在は無人となっている。。
                 片桐棲龍堂→

店名の由来は龍が住む屋敷。豊臣秀吉から武功で土地を与えられ、桃山時代から居を構える。歴代藩主は岸和田藩や伯太藩(和泉市)の御典医をつとめ、明治以降は家伝の漢方薬製造販売を行なってきた。


                   撮影 2007.7.18
御陵前駅  南宗寺  船待神社  紀州街道  旧堺湊郵便局  片桐棲龍堂
 
 
(紹介文は、2007年7月2日付・産経新聞「かんさいあの街この町」からの抜粋を含みます)

メニューへ戻る