楠木正成ゆかりの地・千早赤阪村のスイセン

2011年2月2日

近鉄富田林駅から金剛バスの乗り、千早赤阪役場前バス停で下車しました。ここは「千早赤阪村」という大阪府内に存在する唯一の村で、この時期スイセンが見られるとの情報をたよりにやって来ました。
バス停のすぐ横が村役場ですので、スイセンが咲く場所の情報を得ようと玄関をくぐりましたが、「観光に関する事は向かいのプレハブ小屋の観光課に行ってください」の掲示があり、そちらで頂いたのが上の地図です。
地図に従いバス道を少し戻ると、「→スイセンの丘」という立て看板が目に留まります。ここからは2車線の舗装道路の上り道となりますが、ほとんど車は通りませんし、人とも全然出会いませんので、さすがに村だな〜〜という実感がわいてきます。
途中、「楠公産湯の井戸」という案内板を見つけ寄ってみました。
楠木正成(くすのきまさしげ)(1294〜1336)は鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍した武将で、この辺りで誕生したとの事。地元では、正成は「楠公(なんこう)さんと呼ばれて親しまれており、この井戸の水を産湯に使ったといわれているそうです。
井戸から引き返す際、農道からは大阪で一番高い山である「金剛山(こんごうざん)」(1125m)が見えました。この山へは千早赤阪村営のロープウェイで山頂近く(975m)まで行くことが出来ます。澄んだ空気と四季折々の花々、杉木立など自然がいっぱいだそうで、冬場は霧氷見物の人達で賑わいます。
本道に戻ると、すぐ前に「道の駅・ちはやあかさか」ある。日本国内で一番小さな道の駅といわれているそうで、なるほど農産物などは随分表にはみ出して売られています。車でスイセン見物に来た場合は、ここに車を止めると丁度よいでしょう。
さて、その道の駅の一角に「楠公誕生地」がありました。この地は、文禄年間に増田長盛が豊臣秀吉の命をうけ、土壇を築き、楠木邸にあった百日紅を移植したという記録が残っているそうです。また、元禄年間には、領主石川総茂が保護を加え、その後、明治8年、大久保利通が楠公遺跡順訪の折、ここに石碑を建立し顕彰したそうである。
道の駅から前の道路を南下すると、すぐにスイセンの丘が見えてきますが、まだ2分咲き位です。
この地に約5万株のスイセンが植えられたのは平成11年のこと。正成の没後600年の記念塔や生誕地とされる場所など、ゆかりの地を訪れる人々をもてなそうと、社団法人・千早赤阪楠公史跡保存会が球根を 植えたそうです。

奥の階段を上ると「正成・没後600年記念塔」があります。
奉建塔(楠公六百年祭記念塔)

石塔には「非理法権天」と刻まれています。これは、正成の旗印として用いた文字で、「非は道理に勝てず、道理は法に勝てず、法は権力に勝てず、権力も天には勝てない」という意味だそうです。
塔の高さは楠公戦死の年にちなんで43尺(約13m)、塔柱及び基礎は鉄筋コンクリート造り、表面は花崗石積み、その重さは1300貫(約4876Kg)あり、 着工昭和10(1935)年から竣工まで4年半の年月を要したそうである。
高台から見下ろす南側は棚田が広がる村らしい風景ですが
 
北側は建物がいっぱいです。
高台から下りると丘の西側でもスイセンが咲いているのに気が付きました。こちらの方が北側に比べて多く開花しているようで、4〜5分咲き位かと思われます。これから暖かくなるにつれて、もっと花数が増えるのではないでしょうか。見ごろは3月上旬位までとの事。
もう一度北側に戻りましたが、西側に比べてやはり花数は少ないです。
 
 千早赤阪村スイセンの丘
場所 大阪府南河内郡千早赤阪村二河原邊 地図   入場:無料
問合せ 千早赤阪観光協会 TEL:0721-72-1447 FAX::0721-72-1880
交通 近鉄阿部野橋駅→(近鉄長野線・約35分)→富田林駅→金剛バス
「千早ロープウェイ前行き」で「千早赤阪村役場前」下車 徒歩約15分
「森屋行き」で「森屋」下車 徒歩約20分  金剛バス 時刻表
大阪市内→阪神高速松原線→三宅I..C→国道309号→府道富田林五条線
北摂・東大阪→近畿道→阪和道→美原北I.C→国道309号→同上
 
メニューに戻る