京都・天得院の桔梗

2010年7月7日

紅葉で有名な京都・東福寺のそばに、桔梗の寺として知られる寺があり、「桔梗を愛でる特別拝観」を実施中との情報を得て出かけました。

←東福寺の北門をくぐり歩を進めると
臥雲橋が見えてきます 臥雲橋から望む緑の中の通天橋 
東福寺の日下門の手前で、天得院の文字を見付けましたが、ここは寺が経営する幼稚園などの門で、桔梗拝観者は奥に進めとの矢印が出ています。それに従い進みますと天得院の山門に到着です。
天得院
南北朝時代の正平年間(1346〜70)東福寺第三十世住持・無夢一清(むむいっせい)禅師によって開創され、東福寺五塔頭の一つとして隆盛した。その後、一時衰退するが中興の祖・大機慧雄(だいきえゆう)禅師により再興された。
慶長19(1614)年、東福寺第227世住持となった文永英清韓(ぶんえいせいかん)が豊臣秀頼の依頼により、方広寺の鐘銘を撰文したが銘文中の「国家安康、君臣豊楽」の文が徳川家を呪うものとして家康の怒り招き、天得院は取り壊された。
現在の堂宇は天明9(1789)年に再建されたものだそうです。

←山門をくぐると、紫陽花が綺麗に咲いていました。
本堂に入ると桃山時代の枯山水庭園で咲く桔梗達が出迎えてくれます
庭園はL型で存在します 南側の庭園をパノラマ写真にしてみました.
西側庭園 .華頭窓から庭を眺めるも良し
赤い毛氈に座ってじっと桔梗を眺めるも良し
ここは庭園に入ることは出来ません
三脚・一脚の使用は禁止されています
花のUPは望遠レンズが必要です
天得院 桔梗の花を愛でる特別拝観
期 間 2010年6月11日(金)〜7月17日(土)
拝観時間 午前9時30分〜午後8時30分(夜間ライトアップあり)
拝観料 一般(高校生以上)300円 小・中学生200円
所在地 京都市東山区本町15丁目802東福寺山内  地図
  JR奈良線・京阪本線「東福寺」下車徒歩約10分
駐車場 あり 無料(東福寺と共有)
電話 075-561-5239   FAX 075-525-3653

メニューに戻る