嵯峨嵐山・天龍寺の紅葉 


天龍寺

臨済宗天龍寺派大本山。正しくは霊亀山天龍資聖禅寺で、京都市右京区嵯峨に位置する。暦応2(1339)年に吉野で亡くなった後醍醐天皇を弔うために、足利尊氏が夢窓国師を開山として創建した。
創建以来、天龍寺は延文1(1356)年をはじめ、八回の火災に見舞われ、現在の堂宇の多くが明治期の再建との事。夢窓国師による庭園は国の史跡・特別名勝第一号に指定、平成6(1994)に世界文化遺産に登録された。
天龍寺の総門をくぐると左右に、いくつかの塔頭(お寺の中のお寺)が並ぶ。これはその中のひとつ松厳寺である。境内の紅葉がきれいので、多くの人々が足を止めていました。
天龍寺前庭のもみじ林にて
 
八幡宮の紅葉
 
前方に大方丈が見えてくる 庭園に入れば借景の嵐山が目に入る。
   
曹源池(そうげんいけ) 夢窓国師による作庭。左手に嵐山、正面に亀山・小倉山、左手遠景に愛宕山を借景にした池泉回遊式庭園で、優美な王朝文化の大和絵風の伝統文化と宗元画風の禅文化とが巧みに融け合った庭との事。曹源池の名称は国師が池の泥をあげたところ、泥の中から「曹源一滴」と記した石碑が現れたことから名付けられたそうである。
奥に見える石橋は日本最古の橋石組
 
庫裡付近の紅葉
 
もみじの大木
 
竹林前の紅葉と南天
 
所々にベンチが設けられています
 
真赤な紅葉
 
苔庭
 
色とりどりの紅葉
 
こんな紅葉もいいかも・・・
訪問日 2010.11.19
 天龍寺
所在地 京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68  地図  TEL 075-881-1235
アクセス 京福電鉄嵐山駅下車 徒歩約3分  阪急電鉄嵐山駅下車 徒歩約15分  市バス 京都バス 京福電鉄 嵐山駅下車 徒歩約1分  JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅下車 徒歩10分
拝観料 500円 中学生・小人 300円  幼児以下無料 本堂参拝の場合は100円追加
拝観時間 8:30〜17:00(11月〜3月)

メニューに戻る