京都・嵯峨嵐山:天龍寺の蓮

2014年7月8日

久しぶりに阪急電鉄・嵐山駅までやってきました。駅前には大きな「花伝抄」というホテルが新築され、その一角にレンタサイクル店や一般の駐車場が出来ていたり、少し先には「日帰り温泉・風風(ふふ)の湯」なるものがオープンしていたりして、かなり様子が変わっているのには驚きました。
花伝抄 レンタサイクル店
一般駐車場 風風の湯
渡月橋を渡り少し進むと、こんな所がありました。
かっては「美空ひばり館」があった所と思いますが、館はすべて撤去され更地から一段掘り下げられており、間もなく基礎工事が始まりそうな感じです。
工事の案内板によると「店舗用地」となっており地上2階建・鉄骨造りの店舗に建て変えるそうです。
やがて天龍寺の駐車場入口にさしかかります。ここを左折して勅使門に向かいます。
この門は天龍寺のなかで一番古い建物(桃山時代の建立)だそうで、京都府指定文化財だそうです。
勅使門の前にある「放生池」を覗き込む人達がいます 池には綺麗な蓮花が結構咲いています
池は南北二つに仕切られている 北側の池の方が花色が濃いようです
こちらは花数が少なく、開花が始まったところかと思われます。
天龍寺
所在地 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
交通 阪急電鉄 嵐山駅下車徒歩約15分
京福電鉄 嵐山駅下車徒歩約1分
市バス・京都バス 嵐山天竜寺前下車
観蓮 放生池は無料ゾーン内につき観蓮は自由
 
メニューに戻る