日本一の山「天保山」をめざして、最寄り駅である地下鉄大阪港駅に到着。この駅は海遊館(水族館)などがある「天保山ハーバービレッジ」への最寄駅でもある。
海遊館と同じ方向に歩く。大きなビルが有ったりして、本当にこんな所にそんな山が有るのだろうか?
駅から歩いて4分程の交差点で「天保山」の文字を発見。
左に行けば「海遊館」だが、右前方に緑の木々を見つけそちらに向かう。
公園のようだが、この奥に山が有るのだろう。
階段を上らずに、右側のゆるやかなスロープを進む。
川のコンクリート護岸らしき物が見えてきた。
カーブを曲がりきると階段があった
階段を上りきると、突然広場に出た。背の高い石碑は昭和4年建立の「明治天皇観艦の所」と書かれた記念碑である。
その記念碑の横手に、なにやら看板らしき物がある。
到着! ここが日本一低い山・天保山の山頂なのです。

ここが山頂だと分かるように、こんな掲示板が貼り付けてある。登山証明書の発行場所は喫茶店・「山小屋」で、詳しい行き方や営業時間が書かれている。
厳密にいうと、この中央の二等三角点標石が、国土地理院発行の地形図上にその名を刻む,標高4.53mの「天保山」頂上である。
山?の頂上からの眺めは結構すばらしい。灯台越しに見る安治川とその対岸に建つ建物。
これは、USJ近辺のホテル。
こんな船(サンタマリア号)が行き交い。
振り向けば「天保山ハーバービレッジ」の大観覧車が望める。
帰りに違う道を下ると、天保山公園の案内図や、昔の姿を描いた陶板画が展示されていた。どうやらこちらが正式の入口だったようだ。
この天保山は天保2(1831)年から翌年にかけて安治川浚渫工事(天保のかわざらえ)が行われた際、排出された土砂を積み上げた場所だそうだ。


左の陶板画は、ふねが整列して砂をさらえる様子を描いた、天保山名所図会「大浚え」です。
そしてこの地が、高さ約20m・周囲 約200mの山になったそうで、夜間航行の便をはかって高灯篭を設けるなど、船舶の入港の目印となると共に遊興地としても整備され大阪随一の新名所となり、冬の雪見、夏の遊覧船あるいは和歌俳諧の会合など遊覧客で賑わったそうです


左の陶板画は 本朝名所 「大坂天保山」 (初代歌川広重 画)
天保山は、当時生駒、金剛、比叡などの山々や、四国、淡路島など四方の眺望に恵まれた景勝地で、松や桜の木を植え、掛茶屋、見晴堂などもでき、庶民の憩いの場として大いに賑わったそうです。

上の陶板画は「浪花天保山風景」 (歌川貞升 画) パノラマ風にその賑わいを描いたもので、天保山で遊ぶ人々の様子などが細かく描かれ、休憩所や石垣で囲まれた船泊まりなども、当時の様子が良く分かります。


明治44年に三角点が設置されたが、その後の山土の削り取りや地盤沈下により現在の高さとなり、日本最低山の栄冠を保ち続けている。
最後に「登山認定書」を掲示しておきます。これの入手方法は、山頂に掲示されていますので、足に自信のある人?は、ぜひ登頂されて、この認定書を手に入れられてはいかがでしょうか。

              終

メニューへ戻る