大人も楽しめる天王寺動物園

 子供の頃に母親に連れられ、自分の子供達も幼い頃に何度か連れて行った事がある天王寺動物園。この動物園の歴史は古く、大正4(1915)年に開園したものであるが、最近この動物園の展示方法が変わったとの情報を得て、久し振りに訪れてみました。

入口に近いところで「ウンザビ・ナチュラル・パーク」と書かれたゲートを見つけ、アフリカサバンナゾーンに向かいます。植物園かとも思える緑いっぱいの樹木の間を進むと、アフリカの動物達が檻に入れられることもなく、広い敷地でのびのびと過す姿に出会えます。そして特筆すべきことは、何と!ライオンがキリンやシマウマと一緒にいるのです。
ライオンが寝そべるその奥では、シマウマが草を食みキリンが長い首を伸ばして高木の葉を悠然と食べています。そしてその前をときどきダチョウが通りすぎます。いや〜これはすごい!わざわざアフリカまで行かなくとも行った気分にさせてくれます。種を明かすと、ライオンのいる場所と草食動物がいる場所の間には深い堀があるそうですが、見た感じでは全然分かりません。
カバ舎にも特徴があります。普段カバは水の中で過し、息をするために鼻だけ水面に出していますが、この水中の様子を見られるようにと池の一方はガラス張りになっています。カバ達の食事時間には飼育員がこのガラスの上方で餌を吊るすと、カバ達がそれを狙って跳び上がりますので、大きな口の中や足の裏・お腹が大迫力で見られます。 
南園には大きな鳥かごゲージが設けれられていて様々な鳥たちが放し飼いされています。 鳥を外から眺めるだけでなく、中に設けられた観覧通路からも見物できます。通路は高い所に設けられていますので、高木に作られた鳥の巣内のヒナまでも間近に見ることができます。

北海道の旭山動物園が人気を博してますが、そんな遠くまで行く必要はありません。ここ大阪の天王寺動物園で十分楽しめます。
撮影2008.6.10
所在地:〒643-0063 大阪市天王寺区茶臼山町 地図 TEL:06-6772-4633
入園料:500円(中学生以下無料) (天王寺公園入園料を含んでいます)
開園時間:午前9時30分〜午後5時 (入園は午後4時迄)
休園日:毎週月曜日 (祝日に当たる場合は翌日) 年末年始 12/29〜1/1
アクセス・駐車場についてはこちら

メニューへ戻る