信州の旅:乗鞍畳平

2008年7月20日(撮影)

バスは畳平を目指して、乗鞍エコーラインをどんどん上っていきます。ふと下を見ると、今まで通ってきたヘアピンカーブが連続した道路が見えます。大きなバスが、こんな狭い道路を対向車とすれ違いながらも、よくまあここまで上がってこれたものだと感心します。
ふと見上げると山肌には残雪が残り、ずいぶん高い所まで上ってきたという実感が沸いてきます。
大雪渓ではスキーに興じる人達で賑わっています。大阪で34℃・35℃という時期に、ここではスキーができるのです。
ほどなくバスは標高2702m・日本最高所の駐車場である畳平駐車場に到着しましたが、この辺りには霧がたち込め、残念ながら視界が開けません。

ここまで上ってこられるのはバス・タクシー・自転車のみで、マイカーは規制されています(平成15年より)。  詳細はこちら
乗鞍バスターミナル :ヨーロッパの山小屋風の赤い屋根が印象的な、レストラン・売店などを併設するバスターミナル。レトロ建物集で紹介したいと思うくらい素晴らしい建物ですが、建築データが不明です。ちなみに、この中のトイレはチップ制とのこと、駐車場内のトイレは無料でした。
一万尺(乗鞍山頂簡易郵便局:通常郵便物、速達郵便物、ゆうパックの引受、風景印の押印。乗鞍岳やライチョウなどの絵柄がデザインされた板製のハガキの販売(板ハガキの絵柄は10種ほど・ハガキ代380円から、郵便料金は120円)

平成20年度の開設期間
平成20年6月11日(水曜日)〜10月10日(金曜日)期間中無休
残雪の横を通って皆さんは霧の中に消えていきますが、我々の滞在時間はわずか20分です。
なんでも、この後に行く上高地の交通渋滞を考慮しての時間設定との事ですが、せめて「お花畑」だけでも一周したかったので、残念です。
と云っても時間までは・・・、と一番手前に見える白い花の群落に大急ぎで向かいます。
白い花の正体はハクサンイチゲでした。

花期:6月下旬〜7月 草丈:20〜50cm

花は一つの茎に1〜5個つき、直径2〜2.5cm。白い花のようにみえるのはガク片で、花弁ではないそうです。
こんな花もみつけました。

コイワカガミ
花が咲くのは稜線の雪がなくなったばかりの6〜7月、遅くまで雪が残るところでは8月まで見られることもあります。母種よりも全体に小型で、高さは10cmほどにしかならず、花の数も少ないなど、いかにも高山植物といった風情です。
 
ふと顔を上げると霧が少し晴れ、お花畑の奥まで見通せるようになっていました。この「お花畑」の見頃は通常7月中旬〜8月下旬。周囲には木道が整備されており、ここを歩くだけでも美しい山の自然を満喫できます。また、畳平を囲む3つの山、魔王山・大黒岳・富士見岳へは気軽に登ることができ、天気が良ければ、それぞれ見事な眺望を楽しむことができます。  詳細はこちら

メニューに戻る