谷崎潤一郎「痴人の愛」執筆の家

メニューへ戻る

文豪・谷崎潤一郎が「痴人の愛」を執筆した、神戸市東灘区の旧邸が、所有者の意向で取り壊される事になったそうである。
NPO法人「谷崎文学友の会」(代表理事、たつみ都志・武庫川女子大教授)は、この旧邸を六月末まで同会の事務局として利用し、谷崎文学とのかかわりについて調査を進めるとの事。そして、貴重な財産を多くの市民に見てもらおうと、この旧邸を2006年4月1日・2日に一般に公開されました。2日当日は雨にもかかわらず、東灘区本山北町、本山第一小学校東隣の現地には沢山の見学者が訪れていました。
大正12年9月1日の関東大震災によって関西に逃れてきた谷崎は、阪神間の温暖な気候と、北に六甲山脈をひかえ南は瀬戸内海に望むという、谷崎の最も好んだ山海両面の地理的条件備えたこの地に移住を決め、最初に居住したのがこの家である。

その後、谷崎が他の住居に移ってからも、ほとんどそのままの姿を保ってきたそうだが、平成11年に空家となり、最近になって、今の所有者が建て替えを決めたとの事。
たつみ都志さんの解説では、谷崎は作品のイメージに合った住居を探す傾向にあり、この後も阪神地域で次々と転居を繰り返し、戦争のために疎開した昭和19年まで、足かけ21年間に13回も転居したそうである。
この建物の外観は谷崎が住んだ頃とあまり変わりが無いが、内部はかなり改築されているそうである。

この室内壁面の痕跡は現在調査中らしいが、可能性としてはアーチ形のくぐりとなっていて隣りの部屋と合体していた可能性があるそうだ。
本来照明器具は部屋の真中にあるはずだが、この電気配線の位置は壁面に近いところに設けられており不自然である。おそらく一つの大な部屋だったものを、後の居住者が二つに仕切ったらしいとの事。
小説「痴人の愛」のあらすじ。大正13年3月〜6月、大阪朝日新聞で発表されました。主人公は自分の好みにかなった15歳の少女「ナオミ」を身請けし、理想の女性に仕立てる。しかし、少女はやがて手に負えないほど傲慢(ごうまん)な女性に成長し、主人公は逆に女性によって支配されるようになってしまう。
小説には「とある一軒の甚だお粗末な洋館でした。勾配が急な、全体の高さの半分以上もあるかと思われる、赤いスレートを葺いた屋根。そして正面のポーチ前に、庭というよりは、むしろちょとした空き地がある」と書かれていて、谷崎がイメージした洋館が挿絵として描かれている。
このように、実際の建物は平屋であるが、谷崎は2階に部屋があることをイメージして小説を書いたそうである。

だがしかし、この建物も6月以降に壊されるとの事。どこかに移築保存する選択肢は無いのだろうか?

 終 撮影 2006年4月2日

「NPO法人谷崎文学友の会」の各種文献&サンケイ新聞「痴人の愛を生んだ家解体へ」の記事を参考にさせていただきました。
2006年6月3日 谷崎潤一郎の旧邸解体着手 (2006年6月4日付けサンケイ新聞の記事より)
 
旧邸は現在の所有者の意向でいったんは取り壊しが決まったが、旧邸の一般公開に訪れた兵庫伊丹市の建設会社社長、則岡宏牟氏の「谷崎が直に触れたものを捨ててしまうのは惜しい」との申し出で、旧邸の建材をそのまま使って移築されることになった。
しかし、旧邸の移築場所は決まっておらず、NPO法人「谷崎文学友の会」は同区内の公園に復元されることが決まっている別の谷崎旧邸「鎖瀾閣」と隣接して移築できるよう署名活動を続けている。
2015年7月24日 ナオミの家・和歌山で復元  (2015年7月24日付けサンケイ新聞の記事より)
 
文豪・谷崎潤一郎が小説「痴人の愛」を執筆した神戸市東灘区の家(離れ)が年内にも、和歌山県有田川町で復元、一般公開される。小説のヒロイン、ナオミにちなみ「ナオミの家」と呼ばれる離れは2006年に解体され、谷崎ゆかりの阪神間で復元を目指したが移築場所が見つからず、9年間宙に浮いたままだった。谷崎の没後50年の今年、離れの部材を引き取った材木商の男性が故郷の和歌山に自費で建てることを決め、24日棟上げする。
2015年12月7日 ナオミの家・移築完了  (報道各社の情報)

部材を引き取った男性が、私費を投じて所有地に建設中の「ナオミの家」が12月6日に完成したそうである。12月19・20日に一般公開(無料)されるそうです。
2015年12月19日 ナオミの家・一般公開始まる            撮影20015年12月19日
私が訪れた時は見学者が少なかったのですが、この後たくさんの見学者が訪れていました。
残念ながら内部は撮影禁止でしたので、外観写真のみUPしておきます。
今後の一般公開は、年末年始を除く毎日曜日となるそうです。詳しくは牟三荘のホームページで・・・

メニューへ戻る